【最短】フライング妊娠検査薬はいつから陽性に反応したか

妊娠検査薬はいつから陽性に反応するか妊活
スポンサーリンク

妊活中、生理予定日前になると誰しも今回の周期は妊娠できているだろうかと、そわそわしてしまいますよね。

私はついついフライングで妊娠検査薬が陽性に反応するか試してみてしまうタイプです。

でも実際、妊娠検査薬はいつから陽性反応を示すのでしょうか?

今回やっと妊娠できたので、生理予定日の何日前から妊娠検査薬が反応するのか、自分の身体で調べてみました。

生理予定日前のフライング妊娠検査薬

一般的な妊娠検査薬では、生理予定日の1週間後以降からの検査が適切な使用方法とされています。

性行為後から数えると、3週間後です。

けれど、そこまで待ちきれないという方も多いのではないでしょうか?

なぜ、生理予定日にすぐに妊娠がわからないのでしょうか?

市販の妊娠検査薬は、尿の中に含まれるhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)を調べます。

このhCGというのは、子宮内膜に受精卵が着床すると、胎盤が形成され始め、そこから分泌が開始されます。

このhCGというホルモンは受精卵の着床後に徐々に分泌が増えるのですが、生理予定日の時点ではまだわずかにしか分泌していません。

生理予定日を過ぎてから一気に分泌が加速するため、きちんと妊娠を感知できるよう、生理予定日1週間後の検査が推奨されているのです。

なので、フライングで妊娠検査薬を使う事にはデメリットもあります。

まず、妊娠検査薬が陰性から陽性になるパターンがあることです。

これは、前述のとおり、妊娠検査薬を使うタイミングが早すぎてhCGが分泌される前なので陽性にならないという事です。

フライングの妊娠検査薬で陰性が出たからといって、必ずしも妊娠していない訳ではありません。

わこぺ
わこぺ

基礎体温と併用すると陰性でも高温期が継続してたりして判断つかないよね!

次に、妊娠検査薬が陽性から陰性になるパターンもあります。

これは、知らなくて済んだ妊娠も感知してしまうというデメリットです。

妊娠検査薬で陽性が出て病院に行ったのに、エコーで胎嚢が確認できないというケースです。

フライングで妊娠検査薬を使用したばっかりに、普段なら、生理が少し遅れてるなーぐらいで終わるはずだった、気づかないで済んだ妊娠&化学流産を知ってしまうというデメリットです。

化学流産の原因はその多くが受精卵の染色体異常なので、母体の行動は関係ないのですが、それでも流産という言葉に落ち込んでしまう方もいると思います。

わこぺ
わこぺ

私はたとえダメになったとしても、妊娠できる身体だってわかる方が嬉しいから気にせずフライングしまくってたよ!

そしてもう一つのフライング妊娠検査薬のデメリットが、お金がかかってしまうことです。

日本で市販されている妊娠検査薬は、一本数百円と、毎周期フライング検査をするには少し高く感じてしまうお値段です。

なので、お金を出してフライングで妊娠検査薬をしつづけるか、生理が来るまでやきもきしながら時が過ぎるのを待つかという選択に迫られます。

生理が遅れているなどの理由があれば、妊娠の確率も高いでしょうが、フライングしたいと思うような方は、生理予定日まで待ってられないですよね。

わこぺ
わこぺ

妊娠できたか気になるけど、毎周期フライング検査してたらお金が…

しかし、このデメリットは、あとで紹介する妊娠検査薬を使うことで解消できます。

そしてもう一つ注意しなければならないのが、尿検査で陽性が出たからといって、病院のエコー検査でもすぐに妊娠が確認できるわけではないということです。

病院で胎嚢が確認できるのは妊娠5週目なので、フライングの妊娠検査薬で陽性が出たからといって、すぐに病院に行っても妊娠が確認できない場合があるのでご注意ください。

かといって、病院に行くのを後回しにするのもよくありません。

なぜなら、妊娠検査薬で陽性が出たといっても、それが正常な妊娠であるとは限らないからです。

例えば、子宮外妊娠などでも妊娠検査薬は陽性を示すので、胎嚢が確認できるタイミングで病院に行くのがおすすめです。

妊娠検査薬は、あくまでも確定診断ではないという事をお忘れなきようご注意ください。

妊娠検査薬の感度を比較した結果のおすすめ

では、妊娠検査薬はどのくらいホルモンが出ていたら陽性を感知できるのでしょうか?

ドゥーテスト、クリアブルー、ハイテスターN、チェックワンなどに代表される日本の妊娠検査薬は、感度が50mlU/mLとなっていました。

また、生理予定日当日から使える早期妊娠検査薬というのもあります。

ドラッグストアで買えるチェックワンファストでしたら、25mlU/mLから検知できます。

また、海外通販に抵抗が無ければ、私が愛用しているBFPという妊娠検査薬がおすすめです。

製造元 フェアヘブンヘルス

Fairhaven Health, BFP、排卵&妊娠テストストリップ、排卵テスト40回分&妊娠テスト10回分

BFPは排卵検査薬40回分&妊娠検査薬10回分がセットになっていて、iherbで購入できます。

価格は、為替の影響を受けて上下はしますが、4000円前後です。

BFPの妊娠検査薬は20mlU/mLからとかなり早い段階から検知できるとされています。

排卵検査薬の本数だけで考えても1本100円程度とかなり安いですし、妊娠検査薬も10本も入っているので、気軽にフライング検査ができました。

排卵検査薬についてはこちらの記事をご覧ください。

iherb 購入時に入力すると割引になる紹介コード⇒【CXC9799】

Fairhaven Health, BFP、排卵&妊娠テストストリップ、排卵テスト40回分&妊娠テスト10回分

妊娠検査薬BFPの使い方

妊娠検査薬の使い方は、どれでもおおむね同じだと思いますが、ここではBFPを例に用いて説明します。

ドゥーテストなどの日本製の妊娠検査薬は説明書が付属していますので、そちらをご覧の上ご使用ください。

BFPの使い方の説明書は英語ですが、イラストも描いてあるので、直感でわかると思います。

妊娠検査薬の使い方は、トイレで尿をかけ、平らなところに置き、数分後に結果を読み取ります。

日本製のものと違い、ただの紙切れなので、尿をかけるより、コップに尿を採ってひたすのが良いでしょう。

BFPの便利な使い方は排卵検査薬のページで詳しく説明していますのでそちらをご覧ください。

妊娠検査薬は、排卵検査薬と違い、判定のラインに少しでも線が出れば、陽性となります。

薄いけど妊娠検査薬が陰性から陽性へと反応が変化

では、実際に私が妊娠したとき、いつから妊娠検査薬が陽性になったのか見ていきましょう。

通常、妊娠検査薬は生理予定日を基準に計算して使います。

しかし私は、月経不順で生理周期がバラバラだったため、生理予定日がいつなのかよくわかりませんでした。

なので、排卵日をもとに高温期の何日目から妊娠検査薬を使うか決めました。

排卵日は、毎朝測っている基礎体温と毎周期確認している排卵検査薬でわかります。

排卵日の翌日を高温期1日目として、8日目から妊娠検査薬を使い始めました。

妊娠検査薬BFPの使い方

8日目と10日目はまったく反応せず、真っ白な妊娠検査薬でした。

12日目の朝に妊娠検査薬が薄く陽性になりました。

ちなみに、生理周期の長さは低温期で決まり、高温期は14日±2日とされています。

つまり、生理予定日の2日前には妊娠検査薬が反応したということになります。

その後も、だんだんと妊娠を示す陽性のラインは濃くなり、検査日として推奨される高温期21日目の朝、つまり生理予定日から1週間後には、はっきりと濃くなっていました。

製造元 フェアヘブンヘルス

Fairhaven Health, BFP、排卵&妊娠テストストリップ、排卵テスト40回分&妊娠テスト10回分

日本製の妊娠検査薬ならドゥーテストもおすすめ

心配性の私は、日本製の妊娠検査薬でも陽性が確認できるか試してみようと、慌ててドゥーテストも購入して検査してみました。

ドゥーテストのフライング検査

妊娠検査薬ドゥーテストを試したのは、高温期14日目、生理予定日当日です。

結果は下の写真の通りで、確認線と同じくらいの濃さで判定線にもラインが出ています。

妊娠検査薬ドゥーテストが陽性

この分だと、BFP同様、もう少し早いタイミングででも陽性になっていたかもしれません。

早期の妊娠検査薬のフライングについてはデメリットもありますが、どうしても気になってしまう方は、この記事を参考に検査してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました