ポケベル止まりの実家の親にスマホでLINEを教え込んだ【テレビ電話も】

実家の親
スポンサーリンク

私の結婚が決まり、実家を出ることになって、一番心配だったのが父親でした。

友達もいないので話し相手もいない。私が実家を出れば、独居老人の出来上がりです。

みまもりカメラを設置することで万が一にも一人で倒れた場合の対策はできました。

しかし寂しいのはどう解決したらいいでしょう。

これは私と機械音痴の父親がスマホで電話ができるようになるまでの壮絶なる物語…

実家の親が心配な方の参考になれば嬉しいです!

実家の親が心配なのでスマホを持たせたい

実家と新居の距離は1時間程度と帰るのが難しい距離ではありません、

しかし、平日は仕事もしており、休日も夫を放って毎週実家に帰ることなんてできません。

電話だけでもしようにも毎日電話していれば電話代がとてつもない額になる。

そこで考えたのがLINE通話!

インターネット環境さえあれば何時間でも無料で電話ができます。

しかし前途多難…

まず父親は高齢者です。ポケベルで時代は止まっています。

そして、病気持ちです。 難しいことは苦手であまり高度なことはできません。

おつかいを頼んでも、せいぜい2つが限界です。

極めつけにパソコンのマウスのことをネズミと呼びます。

「昨日床にねずみ落ちてたで。」

何事!?と思ったらマウスが机から落ちていました。

らくらくホンかんたんケータイなんかを持ってみるかと聞いたこともありましたが、

「そんなもんよう使わんわー。」と拒否されました。

わこぺ
わこぺ

私のスマホ画面見てるだけでも「何がなんやらわからへん…」とのこと。

そんな父親がどうやってLINEを覚えたか。

みなさんも以下を参考にして諦めずに頑張って、離れた実家のご両親や祖父母とのコミュニケーションを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

実家の親にわたすスマホは設定が大事

古いiPhoneとiijmioの追加SIM

父親のスマホは、私が昔使っていた先代のiPhoneを渡しました。

余っていたので無料です。失敗したとしても痛手にならない!

SIMカードは入れずに、Wifiでつないでいます。

父親はスマホは家の中でしか使いません。

私が購入したときに10万円近くしたという話を覚えていて、そんなものを外に持ち出すのはおっかないんだそうです。

こちらのNECのLTEホームルーターに

IIJmioのSIMカードを挿すことで、実家にWifi環境を構築しています。

詳しい運用方法はこちらの記事でどうぞ。

毎月500円程度でインターネット環境が構築できるのでとてもおすすめです。

余っている端末が無い方もiijmioだとSIMと同時契約で格安でスマホが手に入りますよ。

実家の親に渡すスマホが用意出来たら、きちんと設定を行います。

機械音痴のため、スマホを少しでもわかりやすく使ってもらえるようにします。

まず、ロック画面でのパスコードの入力は不要の設定にしておきます。

設定>Touch IDとパスコード

家の中でしか使わないので、この際セキュリティより簡便さ優先です。

そして、文字サイズは大です。

設定>アクセシビリティ>画面表示とテキストサイズ>さらに大きな文字の下部

画面がごちゃごちゃしていると絶対によくわからないので、画面下部にあるアプリを固定表示できるエリアにLINEのみを設定します。

その他のアプリは消去するか、フォルダにまとめてください。

設定とか絶対消せないアプリも全部一緒にフォルダにぶち込むのです。

少しでも実家の親を戸惑わせる要素は排除してください。

らくらくホンやかんたんケータイの代わり

LINEのアカウントは、自宅の固定電話で登録しました

名前は「父親」とかでいいと思います。

電話番号による認証は、電話がかかってきてコードが伝えられますので、それを入力してください。

友だちには家族である自分のアカウントだけを追加します。

友だち自動追加や友だちへの追加を許可などの設定はオフにしておいてください。

わこぺ
わこぺ

お互いに誰やねんってことになります。

そして、トーク画面を開いておくのです。

トーク画面でとじれば、次もトーク画面で始まります。

ホームやタイムラインなどほかのタブは戸惑いのもとです。

親用スマホの設定項目
  • パスコードはなし
  • 文字サイズは大
  • LINEだけ固定表示
  • その他のアプリは見えないように
  • 友だちは自分だけ

機械音痴の高齢者と初めてのスマホ

設定ができたらいよいよ高齢者の父親、初めてのスマホ、いや携帯電話との対面です。

iPhoneなのでわかりやすくボタンがあります。

わこぺ
わこぺ

まずは丸いボタンを押してね!

一生懸命押す父親。

しかしスマホのロック画面は解除されない…

ここからつまづくとはさすがに予想外。

わこぺ
わこぺ

強く押しすぎて認識されていないのかな??

やっとの思いでスマホのホーム画面を開いても、いちいち強く押すためになかなかLINEのアプリが起動できない。

わこぺ
わこぺ

アプリの移動がしたいんじゃないんだよー!

敗因:父親の一生懸命が過ぎた!

一つ一つの力加減がわからないんですね。

軽く押すだけでいいんだよと伝えて、なんとか頑張ってLINEの画面までたどり着きました。

これでスマホでLINEメッセージのやり取りができるぞ!と思いきや、今度は文字が入力できない。

力加減や指を離すタイミングがわからずに「ああああああ」など同じ文字が羅列される。

キーボードの入力方式がフリック式かどうかの問題ではない。

昔の携帯の入力方式だと「ううういあいえ」とかになってしまう。

どうあがいてもこれは無理だということで次の案。

わこぺ
わこぺ

不器用にもほどがある…

スポンサーリンク

LINEのボイスメッセージ機能で万事解決

なんとLINEにはボイスメッセージ機能があります!

文字入力欄の横ににマイクの絵があるのでそこを推すと、マイクによる入力モードに変わります。緑色の位置のマイクです。

左下の黒色のマイクは音声での文字入力なので違います。気を付けてくださいね。

LINEのボイスメッセージ機能

この画面で、マイクの絵の丸い部分を押している間だけ音声が録音され、指を離すと終了です。

そして、送信まで自動でやってくれます。

めちゃくちゃ簡単!!!

父親もここまでの試行錯誤の割には、比較的早くコツを掴んでいました。

ちなみにボイスメッセージの最初の方は押すタイミングが悪いのかたまに途切れがちです。

ですが、父親は毎回最初に「わこぺ、おはよう。」とか私の名前の呼びかけから入るので、伝えたいことの理解はできます。

LINEを使えば実家の親とテレビ電話も簡単にできる

電話代削減がそもそもの目標なので、通話もできなければなりません。

次はLINEでの電話のかけ方を教えてみます。通話マークはトーク画面の右上にあります。

そして次に無料通話の部分をタッチしなければなりません。

実家で教えている時は出来ていたんですが、私が家を出るころには忘れて出来なくなっていました。

実家にいる間は電話をかけてもらう機会がなかったのでしょうがないです。

わこぺ
わこぺ

そんなにたくさんのことは覚えられないね。

電話を取る方は難なくできるので諦めました。

わこぺ
わこぺ

電話受ける方はスマホタッチするの1回だけでいいもんね。

電話が必要なときはボイスメッセージで「電話が欲しい」と言ってくれればいいのです。

どちら側からかけても電話代はかからないですし。

実家の親とのLINEコミュニケーション

これで無事に連絡が取れるようになりました。

※追記

コロナのせいで実家に近寄ることが難しくなった結果、ついにビデオ通話まで覚えました!

相変わらず電話を受ける方だけですが、毎日顔を見ながら話すことができています。

ビデオ通話なので、無口な父親でも、喋ることをひねり出さなくてもよく、とても気に入っているようです。

私も、洗濯を干す間の暇つぶしに通話できて便利です。

わこぺ
わこぺ

顔見てるだけでええんやって言って無言の時間が続くのはちょっとあれだけどね!

スポンサーリンク

実家の親が心配ならスマホでテレビ電話がおすすめ

実家の親が心配な方は数多くいらっしゃると思います。

そこで気軽に実家の親とコミュニケーションが取れるようになれば安心ですよね。

父親も最初はスマホの起動の仕方さえわかっていませんでしたし、「もう無理、できなくていい。」と投げ出しかけてました。

それでも、日を改めて、私が会社に行っている時なんかに努力してくれたようです。

私も最初はダメ元だったのですが、思った以上に頑張って覚えてくれて感動しました。

結婚して離れて住むようになってからは、平日の仕事帰りに電話をするように習慣づきました。

最寄駅から新居までの10分間ほどですがお互いの近況報告をしていました。

専業主婦の今は、みまもりカメラの様子を見て、手の空いてそうなときに通話しています。

コロナになってからは、実家にも満足に帰れないので、午前と午後、1日2回ビデオ通話するようになりました。

少しでも会話をすることで、ボケ防止にもなってたらいいなという気持ちです。

たまに認知症予防に「昨日の晩御飯はなに食べたの??」とか聞いてます。

みまもりカメラとLINEでのビデオ通話を導入したことで、実家を離れても円滑なコミュニケーションが取れて安心感が増しました。

実家の親が心配な皆さんも、ぜひ導入してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました