【おすすめ体温計】基礎体温は排卵日予測に向いてない!?【測り方】

基礎体温の測り方と排卵日予測妊活
スポンサーリンク

私は結婚前から基礎体温を付けて、自分の体調をチェックしていました。

妊活を始めてしばらくの間、基礎体温表をもとに排卵日を予測してタイミングを取っていたのですが、なかなかうまくいきませんでした。

そして、よくよく調べてみると、自分のやり方に間違いがあったことに気が付きました。

今回は、基礎体温を付けることでどんなことがわかるのか、について調べたことをまとめました。

基礎体温で排卵日を予測する

基礎体温とは

基礎体温とは、安静状態での体温のことを言います。

安静状態での体温を観測するため、起床時に横になったまま口腔内で測定します。

女性ホルモンの作用による些細な基礎体温の変化をチェックすることで、きちんと排卵できているかなどを把握する目安になります。

なぜ高温期に基礎体温が上がるのかというと、排卵後に黄体から分泌されるホルモンに体温を上昇させる働きがあるからです。

3周期ほど観測を続けると自身の身体の傾向がわかってきます。

しかしながら、体調や室温、測り方など、些細なことでも変化がみられてしまいますので、そこまで神経質になることはありません。

後から見返した時に低温期と高温期がきちんと二相に分かれているかを大切にしましょう。

スポンサーリンク

おすすめはオムロンの基礎体温計 MC-652LC

私が基礎体温の測定に使っているのは、オムロンの婦人用電子体温計 MC-652LCです。

基礎体温を10秒で検温できる

選んだ理由は、ずぼらでめんどくさがりな私にぴったりだからです。

まず、予測検温では、平均10秒で5分後の体温を予測することができます。

また、そのまま5分、体温計を口にくわえ続ければ、実測検温することもできます。

わこぺ
わこぺ

他のは予測式でも20秒とか40秒かかるなか、これは10秒とかなり短い!

検温が10秒という事で、きちんと測定できるのか最初は不安もありました。

しかし、きちんと低温期と高温期でグラフを描けています。

わこぺ
わこぺ

たまにガタガタの時もあるけど、それは単に自分が無排卵周期なだけだった…次の周期にはちゃんと2相になる。

また、ずっと予測式で使っていたのですが、この記事を書くにあたり、実測式でも使用してみました。

すると、基礎体温には差があっても0.1℃ほどで、途中で飽きてまた予測式に戻しました。

他の基礎体温を使用したことが無いので、確実に正確だという事は出来ませんが、体調を管理するのには問題ありません。

スマホアプリに基礎体温を簡単転送してグラフ化

また、Bluetooth通信機能を搭載なので、スマホに簡単にデータを転送できます。

わこぺ
わこぺ

毎日、紙に書いて記録するなんて私にできるわけない!!

OMRON connectに転送すれば、自動でグラフも描いてくれるので、とても便利でした。

OMRON connectを経由して、現在「ルナルナ 体温ノート」「ラルーン」にデータを転送もできます。

ルナルナやラルーンを使うと、卵胞期や黄体期といったホルモンの周期を把握したり、その日の体調をメモできるので、さらに使いやすくなります。

本体のメモリでは40日分の基礎体温が保存できます。

さすがにそこまで転送をさぼったことは無いのですが、1週間程度ためてしまっても、何も問題なくすべて転送できました。

スポンサーリンク

おしゃれかわいい基礎体温計

さらに、デザインがかわいいです。気カラーバリエーションは3色あり、ホワイトとピンクとブラウンです。

わこぺ
わこぺ

ピンクを愛用してます!体温計っぽさが無くて良い!

ケースは片手でも開けやすく、あまり動いてはいけない基礎体温の測定にぴったりの仕様です。

バックライト機能もあるので、暗い部屋の中でも基礎体温を読み取りやすいし、私は使用してないですがアラーム機能も付いています。

3日坊主の私が、毎日きちんと基礎体温を記録することができているのは、このオムロンの基礎体温計のおかげです。

朝の短い時間を大切にしたい方にはとてもおすすめです♪

オムロンの婦人用電子体温計がおすすめな理由
  • 約10秒で測れる
  • スマホへの転送が簡単
  • 使いやすくてかわいいデザイン

私の使い方ですが、枕元に基礎体温計を置いて、朝起きたら一番に手を伸ばして、舌の裏の付け根に突っ込んでいました。

測る時間は同じ時間の方がいいようですが、平日と休日で起きる時間に2時間ほどの差がありました。

しかし、わざわざ休日も早起きして、時間を合わせるといったことはしませんでした。

理想的な基礎体温表のグラフ

次に基礎体温表のグラフの見方についてです。

長くなりそうなので、今回は理想的な基礎体温のグラフについて解説します。

高温期の長さは毎月ほぼ一定で、14日間±2日とされています。

16日以上となる場合は妊娠の可能性があります。

また、低温期から高温期への移行は3日以内であれば許容範囲だそうです。

つまり、生理周期の長さは、低温期の長さで決まっているという事です。

理想的な基礎体温のグラフ
  • 低温期と高温期の2相に分かれている。
  • 高温期が14日間±2日
  • 低温期と高温期の差が0.3~0.5℃程度
  • 低温期が14日間前後

必ずしも毎周期、理想的なグラフを描けるわけではないですし、この通りでなくても、きちんと排卵して妊娠している方もいらっしゃいます。

しかし、理想的でないという事は、どこかになにかしらの問題がある可能性もあるので、病院に行くなど早めの対処を講じる目安になります。

スポンサーリンク

基礎体温だけではいつが排卵日か分からない

では、次に基礎体温で排卵日を予測する方法についてまとめます。

排卵日は、ガクっと体温が下がる体温陥落日や、低温相最終日、基礎体温が上昇し始める日など、人によって様々です。

日本産婦人科医会でも

排卵日の推定には体温陥落日、低温相最終日、高温相初日などあるが基礎体温と排卵日の関連性を調べた報告によると排卵日との一致率は体温欠落日が28.4%、低温相最終日が62.5%と結論づけている

https://www.jaog.or.jp/lecture/4-排卵の予測/

体温陥落日は起こらない人もいるし、低温期の最後に至っては、後日に振り返ってみないとわかりません。

私個人としては、基礎体温はその周期を振り返って、排卵できているかを知るには有効だけど、事前に排卵日を特定するにはあまり向かないと思いました。

特に、私は生理不順だったので、ここが低温期最終日だと思ってタイミングをとっても、その後高温期にならず、排卵日じゃなかった…とやきもきすることも多かったです。

また、排卵検査薬を併用してみると、陽性が出ても、高温期に入ったと確信できるまで3日かかってしまいました。

病院では基礎体温を気にしないお医者さんもいます。

追記※産婦人科で基礎体温表を見せると、排卵日の予測はこの3日間の間のどこかという幅のある予測でした。また、私は生理不順なので基礎体温だけで排卵日を予測するのはかなり難しいと言われました。

妊娠を急ぐ場合は、他の方法と組み合わせてタイミングを取ることをおすすめします。

排卵検査薬についてはこちらの記事でおすすめと一緒に紹介しているので参考にしてください。

排卵日は体温がガクっと下がった日や上がり始めた時など人によって違う

基礎体温だけで事前に排卵日を特定するのは難しい

排卵できているかなど問題をチェックするのには効果的

以上の通り、基礎体温だけでは排卵日を予測するには心許ないです。

ただし、基礎体温を測らなくていいという事ではありません。

基礎体温を知ることで、排卵ができているか、ホルモンバランスの乱れはないかなど、自身の不調を知ることができます。

追記※産婦人科でも、紙に書いた基礎体温表を使って、私の場合どこから高温期と思われるかなど解説してくれました。

毎朝ささっと検温して妊活に活かしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました