【妊活】合成葉酸は危険!?葉酸サプリの過剰摂取の副作用を調べたよ!

天然葉酸と合成葉酸を代謝遺伝子の観点から調査妊活
スポンサーリンク

妊活を始めようと思って葉酸サプリメントを探していたところ、葉酸にも種類があることを知りました。

そこで、私は合成葉酸は本当に危険なのか、天然葉酸とは何なのか、葉酸の不足や過剰摂取の副作用について調べてみました。

専門家ではないただの一般人調べですが、少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

葉酸とはどんな栄養なのか

葉酸とは、ビタミンB群に属する、水溶性のビタミンです。

緑黄色野菜や豆類、レバーなどに含まれています。

葉酸はビタミンB6やビタミンB12、ビタミンCなどと一緒に働き、胎児の生育や赤血球の形成に重要な役割を果たします。

妊娠中の注目度が高いですが、赤血球の形成にも重要な役割を果たしているので、貧血気味の方にも大切な栄養素です。

また、男性や妊娠中以外の女性でも、葉酸が不足するとホモシステイン濃度が高くなるといった影響があります。

妊娠中の葉酸の役割

では、なぜ葉酸は妊娠を希望したときから摂取が必要と言われるのでしょうか??

それは、葉酸は妊娠初期の細胞分裂に必須とされる栄養素だからです。

妊娠初期は、脳や神経管、心臓など人体にとって重要な臓器が形成される大切な時期です。

妊娠に気づいたとき、それはすでに葉酸が必要とされているタイミングなのです。

なので、お腹に赤ちゃんがいると妊娠が判明する前から、持続的に摂取する必要があります。

スポンサーリンク

妊娠中の葉酸不足&過剰摂取の副作用

では、妊娠中の葉酸の不足や、葉酸の過剰摂取には、どんな副作用があるのでしょうか??

まず、葉酸が不足することの影響について。

赤ちゃんの神経管の形成期に葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害という、二分脊椎などの先天異常が起こってしまう可能性が高くなります。

また、葉酸を過剰摂取した場合の影響について。

サプリはお手軽なので、不足を心配してつい取りすぎてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、葉酸サプリの取りすぎにはご注意ください。

まず一つ、妊娠後期に葉酸を取りすぎてしまうと、小児喘息の確率が上がるという海外の研究結果を見つけました。

もう一つ、葉酸とビタミンB12の摂取が、出生児の自閉症リスクを下げるという研究があったのですが、その一方で、母親の血中で葉酸やビタミンB12が高い値を示す場合に、自閉症児が生まれる確率が高くなるという研究もありました。

つまり、葉酸は自閉症児のリスクを下げるけれども、母親の血中濃度が高すぎると、自閉症児のリスクを上げてしまうということのようです。

もちろん、これだけが自閉症の原因というわけではありませんし、こちらもまだ、研究が進められている段階で、はっきりとした自閉症の原因とは言えませんが、少なからず関係はありそうです。

わこぺ
わこぺ

葉酸は不足でも取りすぎでもなく、適切な量を摂るのが大事なんだね!

また、こちらの研究では、葉酸の血中濃度が高くなりやすいかどうかは、遺伝的な影響も関係あることが示唆されています。

スポンサーリンク

葉酸には天然葉酸(folate)と合成葉酸(folic acid)がある

少し話は変わりますが、葉酸にも種類があることを皆さんはご存じでしょうか??

天然葉酸であるfolateと、合成葉酸のfolic acidです。

☆天然葉酸(folate)ポリグルタミン酸型。食事性葉酸ともいわれる。

☆合成葉酸(folic acid)モノグルタミン酸型。サプリによくみられる。

天然葉酸は、食事に含まれる葉酸で、ポリグルタミン酸型です。

体内で、酵素の力によってサプリと同じモノグルタミン酸型に分解された後、消化吸収されます。

しかし、その代謝経路で受ける影響によって、生体利用率が一定ではありません。

天然葉酸の吸収率は約50%と言われています。

一方、サプリメントに含まれる合成葉酸、モノグルタミン酸型の葉酸は、約85%と高い吸収率です。

市販の葉酸サプリの合成葉酸は、安定性や生体利用率が高いとされています。

また、天然葉酸の活性型葉酸は、日本国内ではサプリメントとして利用できないといった問題もあるようです。

わこぺ
わこぺ

合成葉酸の方が吸収率が高いから厚労省も推奨してるんだろうね。

スポンサーリンク

合成葉酸は危険なのか

一見すると、サプリメントの合成葉酸を摂取するのが一番効率がいいように思えますが、一つ注意点があります。

葉酸は、メチル葉酸塩にならないと、機能しないということです。

さらに、天然葉酸と合成葉酸では、代謝経路が異なるという考えがあります。

天然葉酸は、消化吸収を経る中で、5-メチルテトラヒドロ葉酸(5-MTHF)という、代謝効率が悪くても葉酸を活用しやすくなるメチル基が付くそうです。

食べ物の葉酸「Folate」は消化吸収を経て血中から細胞に受け渡される時には5-メチルテトラヒドロ葉酸(5-MTHF)と言う葉酸代謝効率の悪い方でも活用しやすいメチル基が付いた葉酸の形になっていることが知られています。

https://sunchlorellashop.jp/interview/

合成葉酸の場合、メチル基が付いていないため、代謝が苦手な場合、体内に蓄積していくことになるようです。

先ほどの研究で見られた、葉酸の血中濃度が高い人は、合成葉酸の代謝が苦手で、体内に蓄積したことが原因とも考えられそうです。

以上のことから考えると、私の見解としては、合成葉酸の方が吸収効率がいいのは事実ですが、代謝が苦手な場合は、安易に合成葉酸は飲まない方がいい気がします。

参考ウェブサイト

http://www.yuiclinic.com/information/6741/
http://ss-center.com/blog/2019/02/01/人工葉酸と天然葉酸の違いについて/

では、自分自身が葉酸の代謝ができる体質か、苦手な体質かが気になりますよね。

葉酸の代謝には、MTHFR(メチレンテトラヒドロ葉酸還元型酵素)という酵素が関わっています。

このMTHFRという酵素の量は、遺伝子情報によって決まっているそうです。

代謝が苦手な人は、遺伝子異常によって、体内で葉酸を利用可能な形に変換するのが苦手だということです。

葉酸の代謝遺伝子については、簡単な検査で調べることができるので、私もやってみました。

合成葉酸と天然葉酸に対する私の見解

私が今回、葉酸について調べたことをまとめると以下の通りです。

合成葉酸と天然葉酸
  • 合成葉酸の方が吸収率はいい
  • でも合成葉酸の活性化が苦手な人もいる
  • 体質によっては天然葉酸の方がおすすめ
  • 遺伝子代謝検査で自分の体質を知るのも一つの手
  • でもサプリを過信しすぎず食事でも摂取することが大切

国内で販売されているサプリメントはたいていが合成葉酸のものですし、この話について疑心暗鬼になってしまう方もいらっしゃるかと思います。

そこで、私の葉酸についての考え方についても書いておきます。

天然葉酸と合成葉酸に関する話は、まだ研究中です。

私も自分のためにたくさん調べてこの記事を書きましたが、医療従事者ではなく、ただの妊活中の一般人です。

現段階では、こうした葉酸の話について言及しているお医者さんは少数です。

まだあまり知られていないだけなのか、議論するまでもない話なのかは私にはわかりません。

しかし、この話をはっきりと否定しているお医者さんを私は見つけられませんでした。

なので、少しでも安心して妊娠生活を送るためにも、私はこの話を信じて、用心することにしています。

皆さんも、この情報を踏まえて、どのように行動するのか、それぞれで納得する答えを見つけてください。

しかし、私は、葉酸のサプリだけに注意を払っても駄目だと思っています。

サプリで葉酸を摂取しているという過信から、普段の食生活からの葉酸が不足してしまっては本末転倒ですのでご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました