【大人】妊娠前の風疹の抗体検査と予防接種【無料】

風疹とはしかの抗体検査の結果とMRワクチンの予防接種体験談妊活
スポンサーリンク

妊活するなら事前に必ずやっておかなければならないのが風疹の抗体検査。

妊娠中に風疹にかかると赤ちゃんに影響があります。

風疹とは

飛沫感染。妊娠中にかかると、子供に先天性風しん症候群(難聴や心疾患等)が生じる可能性がある。

ワクチンはあるが、定期予防接種は生まれた年代によって回数が異なる。妊娠中はワクチンは打てない。接種後、女性は2ヵ月の避妊が必須。

まれに予防接種を受けても抗体がつかない体質の人もいるので周りの人の予防も大切。

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index.html

年代によって定期接種している時期とそうではない時期があります。

私たちは年齢的でみると確実に2回接種しているとは言えず、

母子手帳を見ても記載がないだけか受けていないのかよくわかりませんでした。

今回は、私の実体験をもとに妊活前の風疹の予防接種のお話をします。

かかった費用などについても!

市区町村によっては抗体検査と予防接種に補助が出ます。

それぞれ条件が異なるので注意が必要ですが、これを機に検討してみてください!

内科で風疹の抗体検査と結果

私の住んでいる場所では、女性の私の方は「妊娠を希望する女性」として無料で抗体検査が受けられました。

わこぺ
わこぺ

妊娠希望の証明とかは特に必要なかったです。

しかし、男性である旦那さんは、「抗体が低い妊娠している女性の同居者」が条件だったので抗体検査は無料では受けられませんでした。

わこぺ
わこぺ

私まだ妊娠はしてない!

他の市区町村では、妊娠を希望する女性の同居人も対象者になっていて羨ましいです。

私は近所の内科で抗体検査を受けました。

総合病院ではなく町医者みたいなところです。

市区町村のホームページに受け付けている医療機関一覧があったのでそこから選びました。

事前に電話で市区町村の補助で無料で受けられることを確認して行きました。

持ち物は保険証で、着いてから申請書を記入しました。

看護師さんに採血してもらってすぐに終了しました。待ち時間の方が長かったです。

結果は1週間後に郵送で送られてきました。

抗体が少なければ、これまたワクチンの予防接種に補助が出ます。

私が受けたのはHI法で、16倍以下だと抗体価が低いとされ、32倍だと高いという判定です。

私の結果は32倍でした。

しかしこれ、数字に惑わされやすいんですが、16倍の次が32倍なんですね。

わこぺ
わこぺ

ギリギリ抗体あるってだけじゃ…

余裕を持った判定基準にはしてあると思うのですが、心配性の私はちょっと怖い。

スポンサーリンク

風疹の予防接種クーポン

つづいて、風疹の予防接種の料金補助についてです。

こちらもまた、市区町村によって条件が違いますので、それぞれお住いの地域のホームページをご覧ください。

私の住む場所では、予防接種の方は、私のような妊娠を希望する女性の場合、風しん抗体価が低ければ無料で接種できました。

ややこしいのが、夫など同居人です。

私の市区町村では風しん抗体価が低い同居人と記載があるのですが、それは検査結果で証明するか、

2回以上の風しんの予防接種歴及び風しんの既往歴がない方という条件があります。

つまり、妊婦さんの同居人は、妊婦さんの抗体価が低ければ、抗体検査に補助が出るし、そこでその人の抗体価も低ければ予防接種に補助が出ます。

しかし、妊娠希望の女性の同居人だと、抗体検査に補助は出ず、予防接種は風疹抗体価が低い場合にだけ補助が出ます。

上記の通り、私は妊娠希望なだけなので、旦那さんの抗体検査は自費で受けなければなりません。

そもそもで、配偶者など同居人の場合、妊婦または妊娠希望の女性の抗体価が低いという前提条件が付いています。

わこぺ
わこぺ

私はギリギリ抗体あるから結局旦那さんはどうあがいても自費!

場所によっては、妊娠希望の女性の夫という条件だけで抗体検査も予防接種も受けられますよ!

MRワクチンの予防接種

私は検査の結果、風疹の抗体がありました。

しかし32倍。基準値ギリギリの合格でした。逆に不安がつのります…

わこぺ
わこぺ

妊娠するまでに時間がかかってしまったら、抗体もだんだん減ってしまうんじゃないか…

そう考えて、自費でMRワクチンの予防接種をすることにしました。

MRワクチンは風疹と麻疹(はしか)の予防接種です。

麻疹(はしか)とは

空気感染でも感染し、感染力はインフルエンザより強力。妊婦は重症化しやすく、早産などになる恐れがある。

ワクチンはあるが、定期接種の要件が各年代で変わっており、年齢によっては摂取回数が不十分な層が存在する。

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

たまにTwitterなどで、麻疹(はしか)の症状の怖さがわかる体験談が流れてきていて、妊娠に関係なく怖かったのです。

内科の先生にも、「風疹の免疫の増強にもなるし、受けた方がより安心だね。」と言われました。

なので、はしかの抗体検査は受けず、そのままMRワクチンを接種しました。

内科に行くときは、電話して、MRワクチンの在庫を確認して、予約をしました。

肝心の注射ですが、痛いかと覚悟していましたが、痛くなかったです。

むしろ採血より早く終わります。

お値段は自費で8,000円でした。

スポンサーリンク

風疹、麻しんの予防接種を受けた感想

その後に抗体が増えたかどうか検査はしていないので、どのくらい効果があったかはわかりません。

しかし、私は風疹だけでなく、麻疹の抗体も持っているか不明だったので受けてよかったと思っています。

MRワクチンは生ワクチンと言って、弱体化させたウイルスを身体に注入します。

なので、接種してからは2ヶ月の避妊が必須でした。

新婚旅行まであと数ヶ月もあり、子供をどうするかはそこまでに考えるとして、

最終決断が出来たらすぐに行動できるように、早めに動きました。

妊娠だけではなく、自身の健康のためにもMRワクチンの接種を考えてみてください。

妊活前にしたこと、もう一つはブライダルチェックです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました