ブライダルフェア勧誘の穏便な断り方とかわし方【即決必須??】

即決しなくていいブライダルフェア 勧誘の断り方とかわし方結婚
スポンサーリンク

たくさんの結婚式場を見学してから、結婚式を挙げる場所を決めたいけれど、プランナーさんの強い勧誘を断る自信が無い…

押しに弱かったり、はっきりと断るのは気が引けてしまうという方はたくさんいらっしゃいると思います。

とはいえ、勧誘を交わすのも一苦労。

それなら、最初から過度な勧誘を受ける心配が無ければ安心ですよね。

私たち夫婦は8件のブライダルフェアに行きましたが、式場見学の後に勧誘の電話がかかってきたことはありません。

かといって、「この結婚式場では契約しません」と明言したわけでもありません。

今回は、角の立たない穏便な断り方、そもそも過度な勧誘をされないようにする方法をご紹介します。

ブライダルフェアでは即決しないといけない??

いろいろな結婚式場を比較検討したくても、億劫になってしまう理由が、それぞれの結婚式場で待ち構えている勧誘タイムですよね。

わこぺ
わこぺ

結婚式場側も、結婚式を挙げてもらうためにブライダルフェアを実施してるから勧誘は当然だけど、こちらとしてはゆっくり考えてから決断したい…

だいたいのブライダルフェアで、「結婚式場を決めた花嫁へのアンケートでは2件くらいでもう決めちゃう方が多いですよー!」と言われました。

が、私たちはまったく気にしませんでした。

わこぺ
わこぺ

大金のお買い物を少しの検討材料と時間で即決する度胸は無い!!

ブライダルフェアでの勧誘パターンは二つに分かれます。

1.即決価格を提示してくる結婚式場

2.どうぞ他も見てから決めてくださいという結婚式場

本日限定、大幅な割引付きの即決価格でせまってくる結婚式場の方が断然多かったです。

「高額のお買い物だし他の結婚式場も見学してからでないと決断できないです。」と言っても、割と引き止められます。

ブライダルフェアの勧誘って強引なときもありますが、流されて即決する必要はありません。

契約したいと思ったときに自分から連絡すれば大丈夫です。

ここで大切なのが、費用だけ納得しても、後悔のない結婚式ができるとは限らないということです。

私たちの場合も、実際に契約した結婚式場より費用が安い結婚式場はほかにありました。

しかし、ウェディングドレスのプラン内料金があまりにも低く、選択肢を増やすには料金アップが避けられないなど、

見積もりの裏に隠された落とし穴が多かったように感じました。

わこぺ
わこぺ

本音を言えば、値段の安さだけで押すんじゃなくて、その結婚式場自体の良さをもっとアピールしてほしいな…

ブライダルフェアで勧誘されない方法

豪華なコース料理の試食をいただいたりもしたので、少し心苦しいところはありますが、お断りしなければならない時もあります。

けれど、もしかしたら、また戻って契約することもあり得るので、できるだけ穏便に勧誘を断りたいですよね。

わこぺ
わこぺ

勧誘を断るのが苦手なら、そもそも勧誘されないようにすればいい!!

私たちは、はっきりと「ここでは契約しません」と断ったわけでは無いですが、ブライダルフェアの後、電話で勧誘を受けたことはありませんでした。

そこで学んだ勧誘の断り方における大切なポイントは、事前に段階を踏んでおくことです。

まず最初に、即決する気はない、というより即決ができる性格ではないことをアピールしておきました。

そして、1日2件のブライダルフェアに行くこともあったので、、式場見学を切り上げなければいけない時間を伝えていました。

3時間ほどで終わってほしいとお願いしていましたが、あまりに短いと満足な見学ができない場合があるので注意してください。

よほどでなければ、プランナーさんも時間を気にして対応してくれます。

なかには熱心なプランナーさんもいて、予定が伸びることもあるので、本当に次に予定を入れる場合は余裕を持ってください。

また、妻の私の結婚式への参列経験が少ないので、さまざまなタイプの結婚式場を見ているということもお話していました。

わこぺ
わこぺ

そうすると結婚式場によっては、新婦の私の反応が微妙だった時も…

しかし、そこが勧誘を受けないポイントだったと気づきました。

夫が人当たりの良い対応をしてくれる分、妻の私はあまり乗り気な反応はしませんでした。

チャペルの案内などでも、「すごーい!!」とお目目キラキラな感じでなく、「こんな雰囲気なんですねー。」とクールな感じでした。

そうすることで、乗り気じゃないのを察してくれて、過度に契約を迫ってくることもありません。

ただし、新郎と新婦が二人とも冷たい反応をしていると、気まずくなりかねないのでその役を担うのはどちらか一人だけにするのが賢明です。

最後に、ブライダルフェアを切り上げる時に、本格的に検討することになったら、こちらから頂いた名刺の連絡先に問い合わせますねと伝えました。

そうすると、そこまで引き止められることなくブライダルフェアを切り抜けることができました。

契約する気のない結婚式場に期待を持たせてしまうのは、お互いに時間の無駄にもなります。

これは勧誘しても無駄だなと思われると、引き止められることもありません。

ブライダルフェアの過度な勧誘のかわし方

1.即決できない性格であることを伝える

2.ブライダルフェアの後に予定が入っていることを伝える

3.色々な系統の結婚式場を見学していることを伝える

4.新郎と新婦のどちらかが気に入っていない雰囲気を出す

5.質問などあればまたこちらから連絡することを伝える

ブライダルフェアの勧誘の断り方

はっきりと断れず、あいまいな対応でブライダルフェアを終えてしまう時もあるかと思います。

そんな時は、第三者をはさんで断るという方法もあります。

結婚情報サイトのキャンペーンによっては、特典をもらうアンケートに答える際に、「この結婚式場を検討する気はあるか?」といった内容の質問があります。

私の時は、Hanayume(ハナユメ)でその欄があったのですが、これもブライダルフェア後の勧誘を受けることが無かった理由の一つだと思います。

特典をもらえるブライダルフェアの数には限度がありますが、あらかじめこういったサイトから予約しておくのも一つの手です。

また、結婚情報サイトには相談カウンターを運営しているところもあります。

相談の上、理想に合わせた結婚式場の提案はもちろん、見学予約も一手に担ってくれます。

断りたいときは、結婚式場にではなく、コンシェルジュさん経由で伝えることができます。

相談カウンターを利用すれば、第三者が間に入ってくれるので、直接断るのは気が引けるという方でも安心です。

新郎新婦の意向に親身に寄り添ってくれますし、キャンペーン特典の金額も上乗せされるのでおすすめです。

お客様満足度98.3%!店舗だけでなく電話やLINEでの相談も可能♪

花嫁の夢を叶えるHanayume(ハナユメ)

結婚式場だけでなく二次会や結婚指輪の相談も!成約での特典も豪華♪

結婚式場探しならマイナビウエディング

相談カウンターは全国65店舗以上!最大級の式場紹介数♪

ゼクシィnet【ゼクシィ】結婚式場予約なら

お断りする時は、結婚式場への配慮を忘れないようにしましょう!

プランナーさんもお仕事ですので、こちらも真摯に向き合うことが気持ちのいい断り方の秘訣です。

その結婚式場で気に入った点を覚えておいて、身近な次の花嫁さんたちにおすすめするのもありですよね!

わこぺ
わこぺ

この結婚式場の雰囲気良かったよ!とかお料理美味しかったよ!とか友達に紹介しよ!

即決できなくても交渉で値引きをねらう

勧誘を断るうえで気になるのが、即決特典はどうなるの??という疑問です。

即決特典に釣られて、すぐに契約する新郎新婦も少なからずいます。

自分の直感を信じてその場で契約するのも悪いことではないですが、即決して後悔する新郎新婦がいるのも事実です。

私の経験上、結婚式に限らずとも、他も見てから決めればよかったと思う事は多々ありました。

みなさんはそのような経験はないでしょうか??

わこぺ
わこぺ

たくさん結婚式場を見学して、「気に入った!絶対にあの式場で結婚式を挙げたい!」と思える結婚式場に出会えたら、また戻ればいい!

ただし、その時に気を付けたい注意点が一つあります。

費用の金額交渉は、正式に契約を交わすまでにしてください。

わこぺ
わこぺ

以前に提案された即決価格が可能ならこの結婚式場で契約します!

などと強めに出るならこのタイミングしかないです。

成約前ならば、プランナーさんも自社で結婚式の契約を取りたいので、こちらの交渉に応じてくれる余地があります。

逆に、一度契約を交わしてしまうと、費用の値引きは難しいです。

費用を抑えたい方は、他の記事でも費用と値引きの交渉術について書いていますので参考にしてください。

大本命の結婚式場のブライダルフェアには一番最後に行くようにするのもポイントです。

今回は、ブライダルフェアで過度な勧誘を受けない方法、穏便な断り方について紹介しました。

くれぐれも即決特典に惑わされないように注意してください。

みなさんも勧誘をうまくかわしつつ、納得のいくまでブライダルフェア巡りを楽しんでくださいね!

ブライダルフェアに行くだけで特典がもらえるハナユメ

成約での特典が高額なマイナビウェディング

お得な限定プランが豊富な結婚スタイルマガジン

時間とお金をかけずにシンプルに挙式ができる小さな結婚式

コメント

タイトルとURLをコピーしました