結婚式のヘアメイクリハーサル&小物合わせレポ【失敗したくない】

結婚式のメイクリハーサルと小物合わせ結婚
スポンサーリンク

私たちは新郎新婦2人だけで挙式のみの結婚式を行いました。

今回は、ヘアメイクリハーサルと小物合わせのお話です。

結婚式のヘアメイクリハーサルってオプションですし、するかしない迷いますよね。

私も必要かどうかよく考えました。

そして実際やってみた結果、私はしたほうがいいと思いました。

メイクリハと小物合わせの様子とともに、注意点についても書いていきます。

このブログでは、結婚式について準備から本番当日のことまで細かく解説しています!

ヘアメイクリハーサル&小物合わせの流れや準備

ヘアメイクリハーサルと小物合わせをする時期ですが、もちろんウェディングドレスを決定した後です。

衣装が決まった段階で、スタイリストさんがヘアメイクさんとの日程を調整してくれました。

ヘアメイクリハーサルと小物合わせは同じ日に行いました。

私の場合、ウェディングドレスに合う小物を決めた後、ヘアメイク、最後にベールも合わせて完成形を調整するといった流れでした。

新郎の付き添いはどちらでもいいです。

私は、優柔不断で人の意見が欲しかったのもあり、新郎である夫に付き添ってもらいました。

注意点として、時間が2時間くらいかかるので、新郎は暇つぶし道具を持って行くことをおすすめします。

こぺん
こぺん

待ち時間は見守りつつ携帯いじってた!

ヘアメイクさんによると、小物合わせに立ち会い、ヘアメイクをしている間は喫茶店にいて、新婦が完成形に近づいたころに戻ってくる新郎もいるそうです。

付き添いは、新郎じゃなくとも、母親や姉妹、友達でももちろん大丈夫です。

ただ、もう一つの注意点として、すっぴんで行かなければならないので、友人などすっぴんをあまり見られたくない相手は誘わないようにしましょう。

服装としては、小物合わせの時点でウェディングドレスに着替え、ヘアメイクも着たままするので、衣装選びの時と同じ感じで大丈夫でした。

持ち物は、なにか合わせたい自前の小物がある方は持って行く必要がありますが、私の場合、

ティアラやベール、アクセサリーに至るまで、小物一式はプラン内で選び放題だったので、ドレスショップのものにまかせることにしました。

ウェディングドレスの小物合わせ

まずは小物合わせから行います。

選んだウェディングドレスを着て、スタイリストさんと一緒に合わせる小物を見ていきます。

ウェディングドレスの小物合わせ
  • ウェディングベール
  • ヘッドパーツ(髪飾り)
  • 耳飾り(ピアスやイヤリング)
  • ネックレス
  • グローブ

まずはウェディングベールから。

ウェディングベールは、絶対にロングベール派でした。

選んだ結婚式場がロングベールのとても映えるチャペルだったからです。

長さが違うだけかと思ってましたが、透かしの模様が違ったり、ふちのレースが違ったりとさまざまでした。

ウェディングベール着用

3種類付けてみてこちらに決定しました。

自分で用意するならこんな感じでしょうか。レースの刺繍が入ったタイプでバージンロードに透けて美しいです。

次に、ヘッドパーツはティアラや王冠などの髪飾りですね。

これも私はティアラ一択でいろいろ試しました。

わこぺ
わこぺ

パールが揺れるティアラがあって、心も揺れた!

購入して持ち込みを考えている方におすすめのティアラです。

かわいくておしゃれなウェディングティアラがたくさんあって、見てるだけで楽しいです♪

ティアラっぽさはないですが、こちらのヘッドパーツもかわいくて好きです♪

ヘッドパーツを花飾りにする方はフローリストさんと相談ですね。

次に、アクセサリーは耳飾りとネックレスを選びました。

耳飾りはピアス穴が開いてないのでイヤリングに。

ウェディングドレスのアクセサリーやウェディングティアラ

耳飾りはネックレスとペアになっていました。

ティアラとのバランスも見ながら、迷いつつもなんとか決定。

最後はウェディンググローブです。

ウェディングドレスとセットのものは、シルク生地で高級感がありました。

しかし、袖口がシンプルすぎて遠目で見たら「これはゴム手袋か??」みたいな印象だったので、付けないことにしました。

わこぺ
わこぺ

付けてたら挙式中、たぶん取り外すのにも手間取ってただろうし、心配事は減らすに越したことはない。

靴はドレスショップで用意してくれました。

特別感はなく、普通のものでしたが、どうせウェディングドレスで隠れるし、見えるとしても教会の檀上の階段を降りる時くらいです。

それに私たちは2人きりの結婚式、そこまで気にする必要はありません。

ブライダルシューズにもこだわりたい方は、かわいいものも売っていますよ。

結婚式のヘアメイクリハーサル(ヘアメイク指示書なし)

ヘアメイク指示書なしで好みの雰囲気を伝える

ウェディングドレスに合わせる小物がひと通り決まったら、次はヘアメイクリハーサルです。

わこぺ
わこぺ

ここまですっぴんだったからちょっと恥ずかしかった。

ここでヘアメイクを担当してくれる綺麗なお姉さん登場。

ヘアメイクリハーサルをするにあたって、ヘアメイク指示書を作る方もいますが、私は作らなかったです。

普段の私は化粧も適当だし、自分の顔の特徴をそこまで把握できているわけではありません。

理想の写真を見せても、それが自分の顔のつくりと合ってなかったら失敗しそうだし、そもそも伝えられるほどのヘアメイク知識もありません。

ここまでたくさんの花嫁さんをヘアメイクしてきたプロにおまかせしたほうが、納得できる仕上がりになるのではないかと考えました。

ですので、ヘアメイク指示書や写真といった参考資料は無しにして、口頭で理想の雰囲気のみ伝えました。

わこぺ
わこぺ

ぴっちりしすぎてないふんわりした感じがいいです!

言わずとも、私の雰囲気を見て、ぴっちりした感じが違うのはわかっていたみたいです。

また、ヘアメイクリハーサルの注意点として、なりたい姿を伝えるだけでなく、嫌いなヘアメイクを伝えることも大事です。

そこで、「前撮りとは被ってない感じがいいです」と加えて、和装前撮りの際の写真を見せました。

和装前撮りは着物が赤だったので、口紅も赤でちょっと派手目でした。

わこぺ
わこぺ

今度はまた違った雰囲気がいい!

すると、ヘアメイクさんは私の髪質などをチェックしながら、目指すべき髪型の画像を探してくれました。

見せていただいた画像の中で好みのものがあったのでそれでお願いしました。

髪型の種類なんてわからなくてもなんとかなりました。

わこぺ
わこぺ

シニヨンってなに!?ポニーテールくらいしかわかんないよ!

ヘアメイクさんに聞いてみましたが、みんながみんなヘアメイク指示書を作って持ってくるわけではないそうです。

スポンサーリンク

ヘアメイクリハーサルで教えてもらったメイク用品

方向性が決まったら、いよいよヘアメイクをしていきます。

別の会社に頼んだ和装前撮りでは、ベースメイクは自分でやる必要がありましたが、結婚式ではすっぴんからメイクしてもらえます。

普段使っているメイク用品についても聞かれたりしました。

メイク道具にこだわりはありませんが、眉毛を眉マスカラで茶色くしていること、クマやそばかすはできるだけ隠して肌は綺麗に見せたいことはお伝えしました。

そんな中、こんなに変わる??というくらい変わっていく顔。

わこぺ
わこぺ

鏡見てるだけで楽しい!

そして完成形へ。

わこぺ
わこぺ

だれか写真加工アプリのフィルターかけた??スマホの画面を通してないのに加工がかかってるよ!

プロの知識と道具と時間があればこんなにもみちがえるものなんですね!

おすすめのメイク道具も教えていただき、思わぬ収穫となりました。

ヘアメイクさんも使用する資生堂のスポッツカバーファンデーションは超偉大です。

そばかすを隠すのに普段から試行錯誤してましたが、こんなに簡単に隠せるとは思いませんでした。

色味もたくさんあるので、自分の肌に合うものを探してみてください。

こちらは私も持っていた口紅ですがヘアメイクさんにも好評でした。

私は友達に、婚活リップとしてプレゼントされたんですが、メイク用品としても立派だそうです。

No.15のプロポーズさせるミルキーコーラルという色味を使いました。

ヘアメイクさんは髪型に関しても、後れ毛の量や前髪の分け目にも、とても細かくこだわってくださいました。

お化粧と髪型が決まったところで、最後にもう一度ウェディングベールを合わせます。

ベールもつける位置で印象が変わります。

頭頂部につけることもできましたが、私は髪型も見えるように後頭部の低めの位置にしてもらいました。

ウェディングドレスのヘアメイク

完成形です。とてもテンション上がりました!

この花嫁の完成系ヘアメイクは、せっかくなのでそのままにしてもらいました。

わこぺ
わこぺ

今ならどんなにセレブなお店でも臆せず入れる気がする!!

スポンサーリンク

ブライダルインナーはどこで買うか??

結局、ブライダルインナーは、ドレスショップに頼むことにしました。

選んだウェディングドレスが、割りと背中ががっつりあいていて、

自分でブライダルインナーを買ったら見えてしまったと、失敗するのが怖かったからです。

わこぺ
わこぺ

スタイリストさんなしで、自分で別のお店に買いに行くのはハードルが高かった…

実際問題、ドレスショップでも、自分でブライダルインナーを探すときは一言いってくださいといわれました。

スタイリストさんに報告すると、どんな条件で探せばいいのか教えてくれるみたいです。

結婚式場提携のドレスショップで購入するメリットとしては、

いつも試着のときにつけているものと同じなので、ドレスを着てもブライダルインナーが見えないのがわかっている安心感があります。

挙式後、不要な方はメルカリやラクマ、ヤフオクなどのフリマサイトで売ってもいいし、

私は休みの日などに着用して体型維持の戒めにしています。

わこぺ
わこぺ

このブライダルインナーが入らなくなったら終わりだぞ!と自分に言い聞かせてる!!

付けていると、姿勢がよくなりそうな気もしています。

ちなみにブライダルインナーは上半身だけ購入しました。

胸のブラジャー部分とウエスト部分が一体化しているビスチェタイプです。

セパレートの場合は、胸とお腹それそれでホックを留める箇所を変えられます。

体型に細かく合わせられるのが一番のポイントですが、デメリットは値段がお高くなります。

そして、下半身の、下着の上に着るインナーであるフレアパンツは、昔にスカートの下に履く用に買ったペチコートみたいなやつを持っていきました。

スパッツとかで代用できる結婚式場もあるみたいです。

購入でもかまわないという方には、ビスチェタイプのものとフレアパンツのブライダルインナーセットがお安く売っていますよ。

ヘアメイクリハーサルをしたほうがいい理由

冒頭にも書きましたが、ヘアメイクリハサールをするかしないかは結婚式における迷いの種です。

しかし、私は実際にやってみて、ヘアメイクリハーサルをやってよかったと自信を持って言えます。

その理由の一つ目。

こだわり派の方の場合、理想の完成形を時間に追われず模索することができます。

ぶっつけ本番でも、ヘアメイク指示書があれば、理想の姿になることは可能でしょうが、

細かいニュアンスまで、一度で伝えきれるとは限りません。

ここは少しイメージと違うなって部分があったとして、本番当日だと挙式の開始時間を遅らせることはできないので、直す時間の余裕があるとは限りません。

実際、私は和装前撮りで、ここはちょっと思っていた雰囲気と違うなと感じる部分がありましたが、言い出せずに終わってしまいました。

次に、当日の自分の姿が事前にわかるので、心配ごとが減ります。

これはヘアメイクにこだわりがある方に限ったメリットではありません。

できることなら少しでも綺麗な状態で人前に立ちたい。

そういう思いは誰しもあると思います。

そこで、自分がどのような姿になるのか事前に一度目にしておくと、人前に立つ自信にもつながると思います。

わこぺ
わこぺ

こんなに見違えた姿になれるとは思わなかった!プロの力すごい!!

ヘアメイクさんの腕前も把握できるので、結婚式当日の自分の姿に少しでも不安がある方はしたほうがいいです。

最後に、自分自身のお化粧の勉強になりました。

自分の顔をどうしたらいい感じに化粧できるのかを知る機会ってなかなか無いですよね。

今回、ヘアメイクさんといろいろなお話をしつつ、自分に似合うメイクも教えてもらうことができました。

クマの隠し方など、見ているだけ勉強になるテクニックがたくさんでした。

ヘアメイクリハーサルをしたほうがいい理由

細部にまでこだわる時間ができる

完成形を見ておくことで、当日の心配事が減る

今後の人生で参考にできるメイク知識が増える

ヘアメイクリハーサルとは、安心感を買うためのものでもあると思います。

一生に一度の結婚式、当日失敗して引きずるのも嫌ですよね。

メイクリハはするかしないか迷う方もいらっしゃいますが、私はしたほうがいいとおすすめします。

さて、小物もヘアメイクも決まったところで、ネイルのことはお考えでしょうか??

結婚式では、指輪交換などで注目が集まることが多いので、爪先まで綺麗にしたいですよね。

そんな方には、ネイルチップを活用するのがおすすめです。

私は、自爪がでこぼこしていて、マニキュアを塗っても不格好なのですが、ネイルチップのおかげで結婚式当日も爪までおしゃれを楽しむことができました。

【ミチネイル】では、プロのネイリストさんが1点1点ハンドメイドで制作した、1000種類以上のネイルチップを取りそろえています。

また、店舗でネイリストさんに塗ってもらうとお値段もけっこう高いですが、ネイルチップはお手ごろ価格です。

ウェディングドレスだけでなく、カラードレスにも合わせやすい、色とりどりのネイルチップがあるので、時間さえ確保できればネイルをお色直しすることも可能です。

両面テープで貼るだけの簡単仕様ですし、サイズも選べるので自分にぴったりのネイルを楽しめます。

着脱簡単なプロネイリストのネイルチップが1000種類以上!

【ミチネイル】


結婚式の準備に悩んでいる方は、こちらの記事も参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました