【おすすめも】排卵検査薬の疑問を調べたよ【海外製BFP】

排卵検査薬で排卵日予測 おすすめや使い方の解説妊活
スポンサーリンク

妊活を続けているものの、生理不順なのもあってか、なかなか妊娠できません。

そこで次の一歩、排卵検査薬を使用することにしました。

いつから反応するのか、どのくらいのあいだ陽性になるのかなど、疑問点があったので調べてみました。

私の検査結果と一緒に考察しているので、よかったら参考にしてください。

排卵検査薬を使って排卵日を予測する

排卵検査薬とはLHサージを検査するもの

私は生理周期が35日~43日と長い上に不規則で、排卵日の特定が間違ったままタイミングを取っていることも多かったので、途中から排卵検査薬を使い始めました。

排卵検査薬とは、排卵を指示する黄体形成ホルモン(LH)の分泌量の急激な増加(LHサージ)を検査するものです。

日本産婦人科医会によると、

血中LHサージの持続時間は約48時間、ピークの持続時間は約14時間で、血中LHサージ開始から34~36時間、血中LHサージのピークからは10~12時間で排卵する

https://www.jaog.or.jp/lecture/4-排卵の予測/

排卵検査薬を使うことで、排卵前にタイミングを取りやすくなります。

スポンサーリンク

排卵検査薬の違いを比較

このLHサージのどの段階で反応するかは、どの排卵検査薬を使用するかによって変わってきます。

なぜなら、感度がそれぞれで異なるからです。

どのタイミングから陽性反応が出るかはそれぞれの説明書をご覧ください。

国内製の排卵検査薬の比較

国内製品の感度比較はこちらの通りです。

ドゥーテスト®LHⅡ 排卵日予測検査薬 30mIU/mL

チェックワンLH・Ⅱ排卵日予測検査薬 40mIU/mL

排卵日予測検査薬 ハイテスターH  10、30、100mIU/mL

低くもなく高くもない感度が良い方にはドゥーテストがおすすめ。

普段から2本線が検出されてしまい判断がしにくい方にはチェックワンがおすすめ。

色の濃さではなく、線の数で簡単に判断したい方はハイテスターがおすすめです。

海外製の排卵検査薬について

しかし私は、日本製のものだと1回400円前後とお値段が張るので、安い海外製の排卵検査薬を使用しました。

iherbで購入できる、BFPという排卵検査薬です。

製造元 フェアヘブンヘルス

Fairhaven Health, BFP、排卵&妊娠テストストリップ、排卵テスト40回分&妊娠テスト10回分

排卵検査薬40回分と、妊娠検査薬が10回分ついて、約3500円ほどで収まります。

1回分で見ると80円程度と、日本製と比べてかなり安いです。

他にも、海外製の排卵検査薬はありますが、iherbで妊活に有効なサプリメントも一緒に購入したかったので、BFPにしました。

BFPの感度はちょっと見当たらなかったのですが、海外製のものは20~25mIU/mLで反応と、感度の低いタイプが多いです。

海外製の排卵検査薬BFPの使い方

では実際に、海外製排卵検査薬BFPの使い方を見ていきましょう。

日本製に比べるとつくりが簡素で、リトマス試験紙のような感じです。

ペラペラの紙なので日本製のように、スティックに尿をかけるという方法は取りづらく、100均で小さい紙コップを購入して、そこに尿を取り、紙を浸して検査しました。

わこぺ
わこぺ

容量が小さい紙コップで十分だよ!

説明書は英語で書かれていますが、難しいものではないです。

海外製排卵検査薬BFPの使い方
  • 採尿
    紙コップに尿を取る

    100均で購入した小さな紙コップを使用。

  • 検査
    尿に最低5秒、6mm程度紙を浸す

    MAX線を越えて浸さないように注意。

  • 待機
    紙を平らな面に置いて待つ

    私は紙コップの尿を捨てた後、紙コップに水平に置いていました。

  • 確認
    結果を読み取って判定する

    判定線の濃さが基準線と同等か、それより濃くなっていれば陽性です。

BFPはLHサージを検出するResults Lineと、きちんとチェックができているかのControl Lineの2本のラインで陰性か陽性かを判定します。

わこぺ
わこぺ

2本とも線が出てたからといって、陽性なわけじゃないよ!

判定線が基準線の色の濃さと同様、または判定線が基準線より濃くなって初めて陽性となります、

黄体形成ホルモン(LH)は微量ながら日常的に分泌されており、排卵検査薬の感度によっては常に反応してしまうこともあります。

個人差もありますが、私はこのタイプで、常に2本線が出ていたので、線の色の濃さで陰性か陽性かを判定していました。

わこぺ
わこぺ

スマホで写真を撮って記録しておくのがおすすめだよ!

専用フォルダをつくって整理したおかげで、日々の変化がわかりやすくなって良かったです。

スポンサーリンク

排卵検査薬はいつから、一日何回使用するか

生理予定日の何日前から排卵検査薬を使うか

いつから排卵検査薬を使用するかですが、生理開始予定日の17日前からが一般的です。

わこぺ
わこぺ

28日周期なら11日目からだね!

生理不順の私は、月経周期をだいたい40日と考えると、23日目から排卵検査薬を使用することになります。

しかしながら、排卵検索を使い始めた月は体質改善も頑張っており、排卵が早まる可能性も考えていました。

一般的に高温期の長さは14日間±2日と一定で、生理周期の長さは低温期の長さによるものだそうです。

そして、排卵が起こるのは低温期と高温期の間です。

そこで、私は月経周期12日目ごろからチェックし始めました。

すると、反応したのが16日目です。

結果として低温期が1週間ほど短くなっており、早めのチェックが功を奏しました。

しかし、次の周期は20日を過ぎても陽性になりません。

わこぺ
わこぺ

年末年始の油断で不摂生しちゃったからかな…結構な本数無駄になっちゃった…

排卵検査薬にかけられるお金や、生理周期はそれぞれで違うので、いつから排卵検査薬を使うかは、高温期は14日間±2日という情報をもとに生理予定日から逆算してみてください。

排卵検査薬の使用頻度

また、検査の回数ですが、1日2回、朝晩の検査が有効的だとされています。

しかし、貧乏性の私は最初、毎朝検査して、弱陽性が出たら夜も検査するという形を取りました。

個人差や排卵検査薬の感度にもよりますが、一日一回の検査の場合、タイミングによっては陽性をとらえられないこともあります。

私みたいにケチらずに、普段から朝晩と2回検査することをおすすめします。

私も次の周期からは前周期の排卵日の頃から1日2回検査に切り替える方針に変更しました。

わこぺ
わこぺ

生理不順だと何本も必要だから不安になるけどBFPは安いから気兼ねなく使いやすい!

追記*病院でも1日2回は排卵検査薬使わないとダメだよって言われました。

一日3回が最も理想的だという意見もあるので、弱陽性が出たら、一日2回を3回に増やしてみるのも一つの案です。

なお、BFPの説明書には、早朝尿での検査は推奨しないと書かれていましたのでご注意ください。

また、LHサージが下がっている時が排卵のタイミングであるため、陽性から陰性への変化を確認できるまでは検査を続けた方がよいそうです。

排卵検査薬の陽性反応から排卵日を読み解く

次に、私の実際の排卵検査薬の反応結果をもとにして、いつが排卵日なのかを読み解いていきましょう。

日本産婦人科医会によると、

血中LHサージの持続時間は約48時間、ピークの持続時間は約14時間で、血中LHサージ開始から34~36時間、血中LHサージのピークからは10~12時間で排卵する

https://www.jaog.or.jp/lecture/4-排卵の予測/

とあります。

こちらは、血中のLHサージの話ですが、尿中のLHサージとのタイムラグは数時間程度でそこまで排卵予測への影響はないと考えられます。

再び日本産婦人科医会からの引用ですが、

月経予定日の17日前から連日測定し最も発色した日を陽性と判断する。検査陽性から2日以内に排卵を認める確率は91.1%と報告されている

https://www.jaog.or.jp/lecture/4-排卵の予測/

また、BFPの場合、排卵検査薬の陽性から12~36時間で排卵が起こると説明書に記載されていました。

以上を踏まえて私の場合の検査結果です。

1日朝 陰性

2日朝 陰性

3日朝 弱陽性  3日夜 強陽性

4日朝 陰性

排卵したのは3日夜から4日朝にかけてでしょう。

わこぺ
わこぺ

強陽性がピークの始まりか終わりかけかによるけど、朝の可能性の方が高そうかな??

このように、私の場合、LHサージを検出できる時間がとても短かったことがわかります。

弱陽性を検知したら1日2回検査に切り替えたので、幸いLHサージのピークを逃さず検出することができました。

もし、3日夜に検査しなかった場合、3日朝の弱陽性がピーク前なのかピーク後なのか判断がつかず、やきもきしていたことでしょう。

排卵検査薬を使うときの注意点

では、今回わかった排卵検査薬を使う時に注意すべきことについてまとめます。

私のようにLHサージが短い方の場合、一日一回の検査だと、LHサージのピークである強陽性をとらえられない恐れがあり、排卵予測の精度が下がってしまいます。

一日一回の検査にはもう一つ注意点があります。

陽性が出たとして、その時にタイミングがとれるとは限りません、

実際、私たちも、朝一の検査で陽性が出て、どうしよう今タイミング取った方がいいのかな??と夫婦であたふたしてしまいました。

私が専業主婦なのでなんとかなった感がありますが、共働きならなおさら困ってしまう事でしょう。

一日二回とこまめに検査するなら、弱陽性の段階から捉えられる可能性が高いですが、一日一回にする場合は、いきなり強陽性になってしまうことも考えられます。

感度の低い排卵検査薬を使用するならば、なおさらピークしか捉えられません。

朝に強陽性が出て、タイミングを取れないまま、仕事に出かけると、帰ってきたときにはもう排卵後という可能性もあります。

夜に強陽性が出たとしても、残業を避けられず、夫が帰ってこれない、もしくは疲れてタイミングなんて取れる状態じゃないってこともありえます。

わこぺ
わこぺ

一カ月に一回のせっかくのチャンスを不意にしちゃったら悲しいよね…

排卵後でも妊娠できないことは無いですが、排卵前にタイミングを取る方が好ましいです。

やはり、1日2回の検査の方が弱陽性の段階からLHサージをキャッチしやすく、仕事のスケジュール調整や心の準備もできて安心です。

もしくは、1日1回の検査にするなら、感度の高い排卵検査薬を使用して、早い段階からLHサージの変化をとらえられるようにするのがおすすめです。

☆一日二回の排卵検査薬使用がおすすめな理由

LHサージの始まりの段階から捉えやすくなる

タイミングを取るためのスケジュール調整がしやすい

そのためには、感度の良い排卵検査薬を使用するのがおすすめ!!

国内製でのおすすめは、10、30、100mIU/mLと三段階で確認できる排卵日予測検査薬 ハイテスターHです。

わこぺ
わこぺ

薬局で気軽に買えるよ!

海外製でのおすすめは、私も使用している、iherbで購入できる排卵検査薬BFPです。

わこぺ
わこぺ

なんといっても安いのが魅力的!

製造元 フェアヘブンヘルス

Fairhaven Health, BFP、排卵&妊娠テストストリップ、排卵テスト40回分&妊娠テスト10回分

排卵日の予測ができたら、次はタイミングの取り方です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました