【デメリット】リゾートウェディングで後悔する人の特徴4選

当ページのリンクには広告が含まれています。
リゾート婚で後悔する人の特徴

青い海に映える白いドレス、リゾートウェディングには憧れちゃいますよね。

遠い場所でのリゾート婚は、非日常感が味わえて、とても魅力的です。

でも実際にリゾート婚をしようとすると、結構大変なこともあるんです。

私たちは結局、リゾートウェディングはハードルが多すぎるので諦めて、挙式と新婚旅行は別にしました。

性格によってはリゾート婚は後悔の元になってしまいます。

みなさんも結婚式で後悔しないように、自分たちにリゾート婚が合っているのか、この記事を読んで確認してみてくださいね。

結婚式についてもっと詳しく知りたい方には、こちらの記事で一から十まで解説しています。

ハナユメのお得なキャンペーン
  • フェア参加で電子マネーギフトがもらえる
  • 無料相談デスクでアドバイスが受けられる
  • ハナユメ割だと100万円以上お得になることも!
  • 挙式のみもキャンペーン対象

\ フェアをチェック/

目次

リゾートウェディングの魅力

リゾートウェディング(リゾート婚)は、国内外の景色の綺麗なリゾート地で行う結婚式です。

リゾート婚は新郎新婦2人だけでも挙式ができるのはもちろんのこと、家族やごく少数の友人だけを招待するパターンもあります。

妻 わこぺ

美しい風景での挙式ってロマンチックで憧れる!

写真をたくさん残せるように、ロケーション撮影がセットになっている結婚式プランが多数用意されています。

ハネムーンを兼ねて、国内に限らず、国外のリゾート地を選ぶことも多いです。

海外だと、ハワイやグアムなどの海辺、ヨーロッパのステンドグラスが輝くクラシカルな教会も人気です。

一方、国内だと、沖縄や北海道、また軽井沢などの自然豊かなリゾート地を選ぶカップルが多いです。

リゾートウェディングは不安が増える

リゾート婚の最大のメリットは、遠く離れた場所で、非日常感を味わいながら結婚式を挙げられることです。

しかし、デメリットもたくさんあり、私たちはそれが不安で、地元での挙式のみの結婚式と別日での新婚旅行を選びました。

見学ができず理想と違うと後悔

リゾート婚のデメリットその1は、結婚式場の見学ができないことです。

リゾート婚は居住地とはかけ離れた場所で行うことがほとんどです。

打ち合わせどころか、見学に行くことさえなかなかできないでしょう。

結婚式場の雰囲気は写真で把握するしかありません。

実際にチャペルを見られるのは、結婚式の本番当日が初めて。

すると、写真と印象が全然違ってがっかりしてしまうこともありえます。

本番当日が悲しい気持ちで始まってしまうのは辛いですよね。

妻 わこぺ

チャペルを見ないで契約は大冒険すぎる…

天気に影響されやすい

リゾート婚のデメリットその2は、天候に左右されやすいことです。

リゾート婚といえば、晴れた空と青い海、豊かな自然など、外での挙式風景を思い浮かべる方が多いでしょう。

しかし、挙式当日がうまく晴れの日になるとは限りません。

くもりや雨の日もあれば、季節によっては台風、海外だとスコールといった突発的豪雨もあります。

対策として、天候保障付きのリゾート婚プランもありますが、不安がなくなるわけではありませんよね。

さらに、飛行機に乗って現地に向かう場合は、ちゃんと現地にたどり着けるかという心配も増えます。

海外だと、時差ボケへの対処も必要になるのでご注意ください。

私がハワイに新婚旅行に行った際、夜に出発&朝に到着なので飛行機の中で寝るべきところを

同乗の赤ちゃんの泣き声が気になってあまり眠れず、初日がヘロヘロだった経験があります。

妻 わこぺ

天気や時差とか自分じゃどうにもできない不安が増えちゃう…

好みのドレスやブーケの手配が大変

リゾート婚のデメリットその3は、ウェディングドレスやタキシード、ウェディングブーケの準備が大変なことです。

リゾート婚だと、衣装は提携のドレスショップが各地にあって事前に選びに行けるのか、当日現地に到着してから選ぶのかに分かれます。

ドレスの試着時間があまり取れないと、妥協したドレス選びになってしまいかねません。

また、自分達でウェディングドレスやタキシードを持ち込むこともできますが、長距離をシワができないように気を配って運ぶのは大変です。

さらにリゾート婚のウェディングブーケは、基本プランだとシンプルなものしかなかったりします。

また、せっかくオーダーブーケにしても、持ち帰ってアフターブーケに残すのに苦労します。

持ち込みで造花のウェディングブーケを作ることもできますが、機内の持ち込み荷物制限に注意が必要となります。

妻 わこぺ

ドレスはじっくり選びたいな…

現地で遊ぶ時間が減る

リゾート婚のデメリットその4は、現地での時間が結婚式で埋まってしまうことです。

リゾート地で結婚式をするとなると、衣装選びや打ち合わせで、せっかくの現地時間が消費されてしまいます。

私は新婚旅行でハワイに行くまで海外にいったことがありませんでした。

なので、初海外のハワイは、時間をフルに使って満喫したいという気持ちが大きかったです。

何度も海外に行ったことがある方なら不満もあまりないでしょうが、初めて行く場所の場合、もっと遊びたかったという感想になってしまうこともあります。

妻 わこぺ

せっかくリゾート行くなら打ち合わせより遊びたい!

挙式と新婚旅行を分けてみる

リゾートウェディングは、非日常感が味わえて楽しいですが、結婚式当日にしかわからないことも多いです。

私のように、不確定要素を許容できない方にはリゾート婚はあまりおすすめできません。

そんな方は、私と同様、結婚式と新婚旅行は分けて考えることをおすすめします。

結婚式は、リゾート婚でなくとも、2人だけで挙式することができます。

実際に私たちも、地元の結婚式場で、新郎新婦2人だけで挙式をしました。

リゾート地に行かなくても、夫と2人でバージンロードを歩く、ただそれだけで非日常感を味わえましたよ。

ウェディングドレスも、何回も試着に行ってゆっくり考えられたので良かったです。

妻 わこぺ

挙式と新婚旅行、楽しいことが2回も待ってるのがまた嬉しい!

こちらの記事で、全国各地の2人でも挙式ができるおしゃれなチャペルを集めたので、ぜひ探してみてください。

近場の結婚式場も意外と良かったりするので、これを機にお近くのブライダルフェアに足を運んでみてはいかがでしょうか?

ハナユメで式場見学を予約すれば、参加だけでも豪華な特典がもらえるので行って損はないですよ!

ハナユメのお得なキャンペーン
  • フェア参加で電子マネーギフトがもらえる
  • 無料相談デスクでアドバイスが受けられる
  • ハナユメ割だと100万円以上お得になることも!
  • 挙式のみもキャンペーン対象

\ フェアをチェック/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次