【NECホームルーター】ネット環境なしの実家に安くインターネット環境構築【SIMフリー】

実家の親のためのインターネット環境構築実家の親
スポンサーリンク

ADSLサービス終了で実家のネット環境がなしに

結婚で私が実家を出ることになり、高齢の父親のために見守りカメラを設置し、LINEでのコミュニケーションを覚えてもらいました。

そのネットワーク環境は、もともと自分のために引いていたADSLを解約せずにそのまま利用していました。

わこぺ
わこぺ

道を挟んだ向こう側は光回線対象地域なのにいつまで経っても不可能な陸の孤島だった…

しかしながら、そのADSLも廃止。新規募集は停止され、提供も終了予定です。

私が契約していたYahoo!BBからもサービス終了のお知らせの電話がかかってきていました。

SoftBankAirに変えませんかという勧誘をのらりくらりとかわしながら思い悩む日々。

SIMフリーのNECホームルーターがおすすめ

実家でも利用できる光回線を探そうにも、私がいない今、パソコンは使わなくなりネットの利用量は減りました。

なのに光回線を引いてしまうと今より料金は上がってしまい、かなりの無駄です。

値段を安くして実家にインターネット環境を構築する術はないかと考えた結果たどり着いたのが、ホームルーターとSIMカードでのインターネット環境構築です。

まず必要なのはSIMカードで運用可能なホームルーターです。

私のおすすめはNECプラットフォームズ Aterm PA-HT100LN-SW 据え置き型 LTE ルーターです。

回線工事は不要で、データ通信SIMに対応しており、nanoSIMを挿すだけでインターネット接続が可能になります。

Wi-Fi親機として、スマートフォンやタブレット、パソコンにゲーム機など10台までの子機を接続できます。

SIMフリーのホームルーターに利用するSIMカード手配

次は、ホームルーターに挿すSIMカードの用意です。

SIMカードはIIJmioにしました。

もともと私がスマートフォンを使用するのにiijmioの音声通話機能付きSIMみおふぉんを契約していたというのが理由です。

この契約に、実家用のSIMカードを追加しました。

私は、スマホ用に一番価格の安いミニマムスタートプランDタイプを契約していました。

これにSIMカードを追加するための月額費用は、追加SIM利用料400円だけです。

SMS機能や音声通話機能付きを希望される場合は、また別途付帯料が発生するのですが、

今回はデータ通信ができるだけで十分なので必要ありません。

iijmioでSIM追加の初期費用

SIM追加手数料は2000円でしたが、キャンペーン中だったのか割引されて無料でした。

SIMカード発行手数料は数百円かかりました。

あとは毎月かかる440円/月のみです。

iijmioでのSIMカード追加費用

契約月は日割りなのか半額になっていました。

スマホの音声通話SIMと合わせてこの料金です。

わこぺ
わこぺ

自分のスマホと実家のネットで毎月2200円程度でかなりお得!!

NECホームルーター Aterm PA-HT100LN-SWの設定

私が購入したNECホームルーター Aterm PA-HT100LN-SWです。

NECホームルーター Aterm PA-HT100LN-SWレビュー

このホームルーターはコンセントにつなぎます。

充電式のホームルーターもあるのですが、実家の親は高齢なので、管理が大変だろうということで、コンセント式のホームルーターを選びました。

持ち運びはできませんが、もともと家の中でだけ使用する予定だったので問題ありません。

一人暮らしを始めたという方や、外での待ち合わせも便利にしたいなどの要望がある方は、持ち運びができるモバイルルーターがありますのでこちらをどうぞ。

NECホームルーターは設定も簡単

LTEホームルーターの設置はとても簡単で、裏側のこの部分にSIMカードを差し込むだけです。

私の場合、あとはコンセントにつなげば自動で機能しました。

これでうまくいかない場合も、Aterm らくらく設定アシストというアプリから設定を行うことができます。

NECホームルーター Aterm PA-HT100LN-SWレビュー
NECホームルーター Aterm PA-HT100LN-SWレビュー

私はこのホームルーターを気にならないようにテレビの裏に置いています。

ホームルーター側の設定が終われば、Wifi接続するスマホ側の設定画面で接続するWifiルーターを選択すればもう使えます。

見守りカメラのスマカメ2の方もWPSボタンで設定して、問題なくつながりました。

iijmioの通信速度や通信量は大丈夫か??

iijmioのSIMは速度を自分で選べる

数ある格安SIMの中から

IIJmio

をおすすめする理由は、高速機能ON/OFF機能があるからでした。

これは実家用にSIMカードを追加した今回も役に立ちました。

実家用のSIMカードはずっと高速機能をOFFにして低速通信にしています。

これでもみまもりカメラの映像を見たり、LINE通話も問題なく行えています。

わこぺ
わこぺ

最近はLINEのビデオ通話も覚えたけど低速通信で支障ないよ!

iijmioでは、余ったデータを翌月に繰り越すこともできるので、データ量の無駄が少ないです。

実家を出るのに固定回線を引き続けるのも気になります。

普段使っているスマホも格安SIMにするとかなりの節約になりますし、実家ともどもネットワーク環境を見直してみるのもいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました