【妊活】おすすめの葉酸サプリ【天然葉酸だけ】

妊活中からのおすすめ天然葉酸サプリメント妊活
スポンサーリンク

葉酸の代謝が苦手な私が実際に自分で飲んでいる天然葉酸サプリを中心に、天然葉酸を摂取できるサプリメントをご紹介します。

天然葉酸に限定したので、ほかのサイトではあまり紹介されてない珍しい葉酸サプリメントばかりですが、

私が自分で飲んでもいいと思うものだけを口コミとともに紹介していますので、よかったら参考にしてください。

葉酸サプリメントの選び方と必要摂取量

妊活では大事といわれている葉酸、サプリメントもたくさんあって何を選んだらいいかわからなくて迷ってしまう方も多いと思います。

一つの指標として、葉酸には合成葉酸と天然葉酸があり、日本人は葉酸を代謝するのが遺伝子的に苦手な人が多いということを別の記事に書きました。

⇒【妊活サプリ】天然葉酸と合成葉酸について調べた【違い】

葉酸をサプリメントで摂取するのならば、天然葉酸のサプリを選んだ方がより安心だと私は思います。

そこで、今回はおすすめの天然葉酸サプリメントをご紹介します。

一日の葉酸の摂取推奨量についても下記にまとめておきますので参考にしてください。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2020年版)による女性の葉酸摂取推奨量は以下の通りです。

葉酸(妊活中はサプリで400 µg/日追加)

女性妊娠初期妊娠中期妊娠後期授乳期上限
240480480340900~1000
女性の推奨量:μg/日

また、葉酸には海外で用いられることが多い食事性葉酸当量(dietary folate equivalents:DFE)という単位もあります。

厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』からの引用ですが、

  • 1 µg DFE = 食べ物の葉酸1 µg
  • 1 µg DFE = 食べ物と一緒に摂取されたサプリ等の葉酸0.6 µg
  • 1 µg DFE = 空腹時に摂取したサプリメント由来の葉酸0.5 µg

なお、米国科学アカデミー医学研究所の食品栄養委員会による食事摂取基準ではこのように設定されています。

一般の人400㎍/DFE
妊娠期600㎍/DFE
https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c03/05.html

選ぶサプリによって葉酸の単位が違うこともありますし、日本と海外で摂取基準も異なるので、ご自身で計算して調整してみてください。

おすすめ天然葉酸サプリメント1:棗参宝 そうじんほう

まずご紹介するおすすめ天然葉酸サプリメントは、棗参宝 そうじんほうです。

私が最初に飲んでいた葉酸サプリです。

葉酸サプリで検索してもなかなか出てこないのであまり知名度はありませんが、

漢方薬局など東洋医学系の薬局でおすすめされている葉酸サプリが、この棗参宝 そうじんほうです。

私は妊活雑誌に載っているのを見てこの棗参宝 そうじんほうを知りました。

この商品は、妊活ではたんぽぽ茶ショウキT1でも有名な株式会社徳潤の葉酸サプリメントです。

棗参宝 そうじんほうは、濃縮された黒なつめを中心に、朝鮮人参や阿膠(あきょう=コラーゲン)が配合されています。

なつめはミネラルやビタミンB群を豊富に含んでおり、女性の宝とも言われています。

棗参宝 そうじんほうはカプセル状となっており、1日6~9粒が目安で、9粒だと葉酸が350μg摂取できます。

もちろん葉酸は天然葉酸です。

1日の目安量が多いと感じられるかもしれませんが、逆に調整しやすいというメリットがあります。

私は他で飲んでいたサプリメント(後述するレピールまめ鉄)にも葉酸が含まれていたので、棗参宝 そうじんほうの量を調整して飲んでいました。

棗参宝 そうじんほうには葉酸のほかにも、カルシウム300mg、マグネシウム5.0mg、ビタミンD3 5.0μgなど他の成分も豊富に含まれています。

100g中の鉄含有量もプルーンの100倍とされています。

棗参宝 そうじんほうは妊活を始めるときにまず試してみてほしい葉酸サプリメントです。

棗参宝 そうじんほうがおすすめなのは、1種類のサプリで葉酸を中心に様々なビタミンミネラルを補いたい方♪

なぜなら、葉酸だけでなく、ほかのビタミンミネラルも豊富だから!!

おすすめ天然葉酸サプリメント2:レピール葉酸

次にご紹介するおすすめ天然葉酸サプリメントは、レピールオーガニックスの無添加100%葉酸サプリ、レピール葉酸です。

オーガニックレモンの天然葉酸のみを使用した葉酸サプリメントです。

実は、私はレピール葉酸ではなく、同じ会社のレピールまめ鉄というサプリメントの方を飲んでいました。

そちらにも葉酸が多少含まれているのですが、今回は葉酸サプリのおすすめなのでレピール葉酸からご紹介します。

レピール葉酸がおすすめな理由は、企業の葉酸サプリメントづくりへの姿勢に信頼を持てたからです。

会社のホームページを見ると、合成葉酸と天然葉酸の違いについて言及されていたり、原料や安心安全へのこだわりなどが丁寧に書かれています。

レピール葉酸は、石油由来の合成葉酸と違い、オーガニックレモン由来の天然葉酸を使用しています。

余分なものを入れない必要最低限の配合となっており、保存料、甘味料、着色料、香料などの合成添加物は一切使用していません。

妊活中の目安量は1日4粒とされています。

パッケージがおしゃれでサプリメント感が無いのも嬉しいポイントです。

レピール葉酸がおすすめなのは、無添加やオーガニックなど、サプリメントの成分に安心安全を求める方♪

なぜなら、食品由来の純粋な葉酸オンリーサプリだから!!

補足:血液をつくる大事な鉄分補給にレピールまめ鉄

補足として、私が飲んでいたレピールまめ鉄の方も口コミします。

私は鉄分の補給を目的に、レピールまめ鉄というサプリメントを摂取していました。

体内には、フェリチン鉄という貯蔵用の鉄が存在していることをご存じでしょうか??

一般的な血液検査では貧血と診断されなくても、このフェリチンという値を測ってみると実は低値であったという隠れ貧血が問題となっています。

レピールまめ鉄は、この貯蔵鉄を補うためのサプリメントです。

レピールまめ鉄の原料は、まめ鉄(有機大豆)、レピールF葉酸 (有機レモン果皮)、アガベイヌリン (有機ブルーアガベ)とオーガニック素材で構成されています。

レピール葉酸同様、無添加なので安心して摂取することができるサプリメントです。

レピールまめ鉄は粉末状なので、ヨーグルトにふりかけたり、お味噌汁やコーヒーに混ぜるといった飲み方ができます。

※高温(60度以上)ではフェリチンが壊れてしまうので注意

私が飲んだ感想ですが、鉄剤っぽさは感じませんが、大豆由来なので、そのままだと少しの豆っぽさは感じます。

私は、毎朝のヨーグルトにかけて食べていました。そうすると味もそこまで気になりません。

ジュースに混ぜたりすると、より違和感なく摂取することができると思います。

私はレピールまめ鉄のおかげで手軽に鉄分を補給できて重宝しました。

血液は卵巣や子宮に栄養を届けるので、その血液を作る鉄分の補給は妊活中も妊娠後も大切です。

葉酸だけでなく、鉄分の補給にも目を向けてみてください。

レピールまめ鉄がおすすめなのは、手軽に鉄分を補給したい方♪

なぜなら、粉末状で料理に混ぜて摂取できるから!!

おすすめ天然葉酸サプリメント3:Thorne Research ストレス B-複合体

私は妊活初期に棗参宝 そうじんほうとレピールまめ鉄を摂取していたのですが、

妊活が難航するにつれ他の栄養素もサプリメントで摂取するようになったので、葉酸サプリメントも変更しました。

⇒【おすすめ】妊活に必要な食べ物とサプリを栄養素別に紹介

次にご紹介する2つの葉酸サプリはiherbで購入できるサプリメントです。

iherbは海外通販なので、抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、iherbは日本語にも対応していますし、注文から1週間程度で届きます。

私は念のためクレカの登録情報は保存せず、都度入力するように自衛しています。

iherbの葉酸サプリメントでまずおすすめなのは、ソーンリサーチのストレス B-複合体です。

Thorne Researchは医師からの信頼も高いサプリメントメーカーだということで選びました。

ビタミンB群は一緒に協力して働くので、まとめて摂取した方がいいとよく言われています。

ソーンリサーチのビタミンB群サプリメントはベーシックBコンプレックス、ストレス B-複合体、#6、#12と四種類あります。

それぞれで、特化するビタミンBの種類によって含有量が多くなっています。

私はその中から葉酸を補うためのサプリメントとして、ストレス B-複合体を選びました。

妊活という観点からみると、ベーシックBコンプレックスと#12は葉酸が多め、ストレス B-複合体と#6はその約半分となっています。

しかしながら、少ない方でも葉酸は割と十分な量が含まれています。

他のビタミンB群で見てみると、かなりの量が含まれている栄養素もあり、私は不足よりも過剰摂取の方が心配になりました。

水溶性ビタミンなのでそこまで気にする必要はないと思いますが、自分だけならまだしも、妊娠出産に影響したら怖いので心配性の私は慎重です。

妊活中は食事にも気を使っているため、ある程度、葉酸含めたビタミンB群を食品から摂取できていると思ったのも少なめにした理由です。

葉酸が少ない方の2種類、ストレス B-複合体はパントテン酸が多く、#6はその名の通りビタミンB6に特化しています。

私は含有量から見てパントテン酸の方が過剰摂取の恐れが少ないということで、ストレス B-複合体を選びました。

4種類あるので、ご自身に合うものをいろいろと試してみてください。

製造元 ソーンリサーチ

Thorne Research, ストレス B-複合体, 60 ベジカプセル

ソーンリサーチのビタミンBがおすすめなのは、自分の体質に合ったビタミンB群をまとめて摂取したい方♪

なぜなら、ビタミンBだけで4種類から選べるから!!

おすすめ天然葉酸サプリメント4:Jarrow Formulas メチルフォレート

ソーンリサーチのビタミンB群サプリメントだけでは、1日の葉酸摂取量に満たないので、もう1種類、葉酸だけのサプリメントも飲んでいます。

もう1つのおすすめ天然葉酸サプリメントはJarrow Formulasのメチルフォレートです。

Folateとあるように、もちろん天然葉酸のサプリメントです。

Jarrow Formulasは品質管理にも定評があり、米国でも支持されているサプリメントメーカーということで選びました。

カプセルは小粒なので、とても飲みやすいです。

私はソーンリサーチのビタミンB群サプリを朝に1粒、ジャロウフォーミュラズの葉酸サプリを夜に1粒飲んでいます。

iherbで購入できる2つの葉酸サプリメントは、どちらも値段が安いという点も魅力的なポイントです。

製造元 Jarrow Formulas

Jarrow Formulas, メチルフォレート、400mcg、ベジキャップ60個

Jarrow Formulas メチルフォレートがおすすめなのは、純粋に葉酸のみをサプリメントで取りたい方♪

なぜなら、天然葉酸のみのサプリメントだから!!

おすすめ天然葉酸サプリメント5:クロレラ

次にご紹介するのはクロレラです。

私は、クロレラという言葉は聞いたことはあるけれど、細かいことはよく知りませんでした。

天然葉酸について調べているとクロレラを目にすることがあり、調べてみると実は、クロレラは葉酸が豊富で妊活にもぴったりな栄養補助食品でした。

私は今は葉酸サプリは手一杯なのでクロレラは飲めていないのですが、とてもおすすめなサプリです。

クロレラの中でもおすすめなのがサン・クロレラのサプリメントです。

サン・クロレラのホームページでも葉酸の代謝について言及されており、天然葉酸の重要性が示されています。

クロレラに含まれている葉酸は天然由来の葉酸で、ほうれん草の約7倍の葉酸が含まれています。

葉酸のみならず、ビタミンB6やビタミンB12を中心とした各種ビタミンも豊富に含まれています。

さらに、サンクロレラのクロレラは、細胞壁の破砕処理を施した高品質なクロレラ商品です。

GMP基準に合格した認定工場で製造されており、品質管理も厳重で安心安全です。

粒状のものやパウダー状のものなど、バリエーションも豊かなので、自分で飲みやすいものを選べます。

クロレラがおすすめなのは、日本企業の葉酸サプリメントを摂取したい方!!

なぜなら、創業50年ずっと愛されてきた商品だから!!

葉酸の代謝が苦手なら天然葉酸サプリメントしかない

今回は、おすすめの天然葉酸サプリメントをご紹介しました。

私は遺伝子検査をして、葉酸の代謝が苦手だということがすでに判明しています。

⇒葉酸の代謝遺伝子に異常がないか検査してみた

なので、妊活を始めるにあたって葉酸サプリを選ぶ際には、天然葉酸であることを第一に求めました。

日本人は体質的に葉酸を代謝しにくいとされていますし、合成葉酸には過剰摂取の心配もあります。

みなさんも天然葉酸のサプリメントを一度検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました