【後悔皆無】2人だけの結婚式を選んだ理由、フォト婚リゾ婚ナシ婚のデメリット解消!

リゾート婚フォト婚ナシ婚ではなく地元2人挙式にした理由結婚
スポンサーリンク

昨今、結婚式のスタイルは多様化し、どんな形の結婚式を挙げようか迷われる方も多いのではないでしょうか?

結婚式の形には、一般的な『挙式&披露宴』のスタイルをはじめとして、リゾート婚やフォト婚などがあり、結婚式をしないナシ婚も増加の一途をたどっています。

どのスタイルの結婚式を選ぶにしても、後悔はしたくないですよね。

わこぺ
わこぺ

そんな中、私たち夫婦は、地元で新郎新婦2人だけの結婚式を選びました!

リゾート婚ではなく、新婚旅行とは別にしての地元の結婚式場での結婚式です。

また、フォト婚のように写真撮影のみの結婚式ではなく、牧師先生のもとで愛を誓う挙式ありの結婚式です。

2人だけの結婚式を選んだ結果、私たちは後悔のない幸せな結婚式を挙げることができました。

そこで今回は、どうして私たち夫婦2人がリゾート婚でもフォト婚でもナシ婚でもなく2人だけの結婚式を選んだのかについてご紹介します。

この記事を読んでいただければ、結婚式を考える際、2人だけの結婚式を新しく選択肢に入れたくなること間違いなしです!

このブログでは、2人だけでの結婚式について、準備から本番当日のことまで詳しく解説していますので、参考にどうぞ♪

【完全版】実際に挙げた夫婦がふたりだけの結婚式を徹底解説!【ふたり婚】

憧れだけど不安も多いリゾートウエディング

まずは、リゾートウエディングと比較しながら、私たちが2人だけの結婚式を選んだ理由についてご紹介します。

リゾート婚が人気な理由

リゾート婚(リゾートウエディング)は、リゾート地など景色のきれいな場所で行う結婚式です。

わこぺ
わこぺ

リゾ婚も一度はあこがれるよね!

リゾート婚は2人だけでも結婚式を挙げられるのはもちろんのこと、家族やごく少数の中のいい友人だけ招待して結婚式を挙げるパターンも多いです。

美しい風景の中での結婚式はロマンチックですし、ロケーション撮影がセットになっている結婚式プランも多いです。

新婚旅行と兼ねて楽しめるということもあり、海外だと、ハワイやグアムなどの海辺や、ヨーロッパなどのステンドグラスが輝くクラシカルな教会も人気を集めています。

一方、国内ですと、沖縄や北海道、軽井沢などの自然豊かなリゾート地が人気です。

リゾート婚のメリットとデメリット

結婚式の指輪交換の写真

リゾート婚の最大のメリットは、遠く離れた地で、非日常感を味わいながら結婚式を挙げられる点です。

しかし、その一方でデメリットも多々あり、それがネックになって私たちは地元での2人だけの結婚式を選びました。

リゾート婚のデメリット1:下見ができない

リゾート婚のデメリットその1は、結婚式場の下見ができないことです。

遠く離れた地での結婚式なので、打ち合わせのたびに現地へ向かうというのは困難で、実際のチャペルなどを目にできるのは結婚式の本番当日が初めてです。

写真でおおよその雰囲気を把握することもできますが、写真と全然印象が違ってがっかりしてしまったなんてことも起こりえます。

わこぺ
わこぺ

私はこだわり派だから実際に自分の目でチャペルを見てから結婚式場を決めたい!

こぺん
こぺん

普通にブライダルフェア行っても、写真だとよかったのに近くで見たら微妙だなって思うことはあった!

リゾート婚のデメリット2:天気の影響が大きい

リゾート婚のデメリットその2は、天候に左右されやすいということです。

みなさんがリゾート婚の風景を思い描く時のイメージは、くっきり晴れた青い空のもとでの結婚式ではないでしょうか??

しかし、ご存じのように天気は晴れだけではありません。

くもりや雨もあれば、季節によっては台風、海外ではスコールなどの突発的豪雨も起こりえます。

なかには天候保証付きのリゾート婚プランもありますが、不安は消えませんよね。

こぺん
こぺん

新婚旅行でハワイに行ったけど、ちょうどプールに入る予定の時間に雨が降っちゃったことがある!

わこぺ
わこぺ

空模様も数時間は曇りですっきりしなくてちょっと寒かった!無理にプールに誘って夫の調子を崩させたのが私です…

加えて、飛行機に乗る場合には、結婚式当日の天気の心配だけでなく、ちゃんと飛行機が飛んで現地に着けるかといった心配もしなければなりません。

わこぺ
わこぺ

心配性の私には、リゾート婚はリスクの高すぎる選択肢でした。

余談ですが、海外ですと、時差ボケへの対処も必要になりますのでご注意ください。

私の経験談なのですが、ハワイへの新婚旅行の際、夜出発で現地に到着するのが朝なので行きの飛行機は寝た方がよかったのですが、

私は赤ちゃんの泣き声が気になってあまり眠れず、初日ヘロヘロだったという経験があります。

リゾート婚のデメリット3:好みのドレスやブーケを用意するのが大変

リゾート婚のデメリットその3は、ウエディングドレスやタキシード、ウエディングブーケの準備が大変なことです。

衣装に関しては、提携しているドレスショップが近くにあって事前に選べるのかや、当日現地に到着してから衣装選びをするのかも人によっては大事なポイントだと思います。

わこぺ
わこぺ

私は優柔不断だし前もってゆっくりウエディングドレス選びたいタイプだなー!!

自分たちでウエディングドレスやタキシードを持ち込む場合には、長距離の移動でシワができないようにも気を配らなければなりません。

また、ウエディングブーケは基本プラン内だとごくシンプルなものしかなかったりします。

ブーケを持ち込む場合は、造花で自分好みのウエディングブーケを選ぶこともできますが、機内の持ち込み荷物制限などにも注意しなければなりません。

また、なんとか現地でオーダーして自分好みのウエディングブーケを作ってもらったとしても、きれいに持ち帰るのが大変だという問題も生じます。

わこぺ
わこぺ

ウエディングブーケは自分の好きな色入れたかったし、記念に加工して飾りたかった!!

リゾート婚のデメリット4:現地で遊ぶ時間が減る

リゾート婚のデメリットその4は、結婚式の準備で現地での貴重な時間を取られるということです。

私は、新婚旅行でハワイに行きましたが、結婚するまで海外に行ったことがありませんでした。

なので、せっかくの初海外は、時間をフルに使ってハワイを満喫したいという気持ちが大きかったです。

リゾート地で結婚式をするとなると、衣装選びや最終打ち合わせなどで現地での貴重な時間を取られてしまいます。

何度か海外に行ったことがある方ならそこまで不満も生じないでしょうが、初めての場合、もっと遊びたかったという感想になってしまうこともあります。

なので、私たちは、結婚式と新婚旅行を別々にしてそれぞれを思う存分楽しめる、地元での2人だけの結婚式を選びました。

結婚式当日にしか把握できない不安要素を許容できない方にはリゾートウエディングよりも地元での2人だけの結婚式の方がおすすめ!

リゾート婚も捨てがたいですが、新婚旅行とは別にして地元での2人だけの結婚式もいいものですよ。

ステンドグラスが素敵に輝くチャペルや、自然にあふれたチャペルなど魅力的な結婚式場をこちらでまとめています。

二人挙式できるおすすめ結婚式場

また、この記事の最後にあなたがリゾート婚を選んで後悔するかしないかを判別する方法をご紹介していますので、ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。

フォトウエディングのみだと後悔する??

次に、フォトウエディングと比較しながら、私たちが2人だけの結婚式を選んだ理由についてご紹介します。

フォトウエディング(フォト婚)は、ウエディングドレスをはじめとした、憧れの衣装を着て、撮影をする写真のみの結婚式です。

衣装はウェディングドレスやタキシード姿、または白無垢や色打掛、紋付き袴など好みに合わせて洋装か和装か、もしくは両方を選べます。

わこぺ
わこぺ

花嫁衣装に憧れがある人も多いはず!!

撮影場所は、スタジオでの撮影や、有名な寺社仏閣、四季折々の風景のなかでのロケーション撮影などさまざまです。

フォトウエディングのメリットとデメリット

ウェディングドレスやブーケにもこだわりを

フォトウエディング最大のメリットは、費用が10万円前後とお安く、ウエディングドレスだけは着ておきたいという夢を手軽にかなえられる点です。

しかし、フォトウエディングにもデメリットがあり、それを回避したくて私たちは2人だけの結婚式を選びました。

フォト婚のデメリット1:ドレスこだわり派には向かない

フォトウエディングのデメリットその1は、ウエディングドレスにこだわりたい人には向かないという点です。

写真撮影のみのフォトウエディングでは、衣装選びに時間をかけないことが多いです。

特に結婚式場のフォトウエディングプランではなく、前撮りを中心に取り扱う会社を選んだ場合に顕著なのですが、

当日の撮影前に衣装を選ぶか、打ち合わせと同じ日に一度の衣装選びで終わってしまうパターンがほとんどです。

さらに、そもそもでウエディングドレスや色打掛など、選べる衣装のバリエーションが少ないという問題もあります。

せっかく憧れの花嫁衣裳を着る機会をもらえたのだから、悔いのないように、しっかり納得できる衣装選びをしたいですよね。

フォトウエディングを選ぶ場合には、納得できる衣装選びが可能かどうか見極めることが必要になります。

一方、私たちが選んだ2人だけの結婚式では、衣装選びは数回にわたり、ウエディングドレスもタキシードも7着ずつ試着して選ぶことができました。

ウェディングドレス&タキシード選び方のコツ【写真付きレポ】

わこぺ
わこぺ

逆に和装前撮りでは羽織っただけで1時間くらいで決めてちょっと物寂しさがあった。

フォト婚のデメリット2:ブーケを思い出に残せない

フォトウエディングのデメリットその2は、ウエディングブーケにオリジナリティを求められないということです。

造花のウエディングブーケをレンタルできるところもありますが、種類も少なく、定番の色味しかありません。

また、レンタルなので、ウエディングブーケを加工保存して記念に残すということもできません。

私たちは2人だけの結婚式を選んだおかげで、自分の好きな色を使ったウエディングブーケを作ってもらえたし、結婚式が終わった後は保存加工して思い出として残しています。

わこぺ
わこぺ

自分好みの豪華な花束を持てる機会なんてなかなか無いよ!!

【結婚式後】自分でウェディングブーケ保存3種【格安】

ウエディングドレスやウエディングブーケにこだわれないのが嫌だという方には、フォトウエディングよりも2人だけの結婚式の方がおすすめ!

挙式ありのフォトウエディング

数あるフォトウエディングのプランの中でも、挙式付きフォトウエディングとして、プランを提示している結婚式場もあります。

私たちが選んだ、2人だけの挙式プラン(写真撮影付き)と何が違うのかは、結婚式場にもよるでしょうしよくわかりませんが、

どうせ挙式をするのなら、チャペルの雰囲気など、挙式の方に重点を置いて結婚式場探しをするのがおすすめです。

こちらで写真映えして、見ているだけで幸せな気分になる魅力いっぱいのチャペルを都道府県別にまとめていますのでご覧ください。

二人挙式できるおすすめ結婚式場

また、この記事の最後で、あなたがフォトウエディングのみで後悔しないかどうかを判別する方法をご紹介していますので、ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。

ナシ婚を選んで本当によかった!?

続いて、ナシ婚と比較しながら、私たちが2人だけの結婚式を選んだ理由についてご紹介します。

ナシ婚は、入籍だけして、結婚式はしないという結婚のスタイルです。

ナシ婚は年々その割合を増加させており、この記事を読んでいる方の中には、ナシ婚にしたいけど、後悔しそうで踏ん切りがつかないという方もいらっしゃると思います。

ナシ婚のメリットとデメリット

結婚式の誓いの言葉の写真

ナシ婚最大のメリットは、時間やお金をかけずに済むことです。

しかし、何もしないという選択は、結婚式以外のことに重きを置く方にはメリットですが、結婚式に憧れがある方にとっては大きなデメリットになります。

ナシ婚のデメリット1:誓いの儀式ができない

ナシ婚のデメリットその1は、幼いころのあこがれが実現できないことです。

私がナシ婚を選ばなかった理由は、誓いの儀式としての挙式にあこがれがあったからです。

わこぺ
わこぺ

「はい、誓います!」ってやつがやりたい!!

ウエディングドレスを着てみたいというあこがれもありましたが、小さいころに映画で見た、誓いの言葉のシーンにもあこがれていました。

ナシ婚のデメリット2:結婚した実感がわかない

ナシ婚のデメリットその2は、結婚した実感が得られないことです。

私たち夫婦は、入籍と同時に2人で同居を始めました。2人だけで結婚式を挙げたのはその半年後です。

一緒に住んでいるという同棲のような実感はあったものの、いまいち結婚した感を感じることができませんでした。

わこぺ
わこぺ

役所に婚姻届けを提出しただけだと、あんまり夫婦としての自覚が芽生えなかった…

挙式をして、牧師先生の「健やかなるときも病める時も~ 」の問いかけに対し誓ったことで、意識にも変化が生じました。

わこぺ
わこぺ

夫婦二人で頑張って新しい家庭をつくっていくんだって心から思えた!!

ナシ婚を選んで後悔する理由

ナシ婚が増加する一方で、ナシ婚を選んで後悔する人たちがいるのも事実です。

ナシ婚を選んで後悔する人と後悔しない人の差は何でしょうか??

ナシ婚が選ばれる理由には以下のような理由があります。

ナシ婚を選ぶ人の理由
  • 人前が苦手で恥ずかしい
  • お金がないなど経済的事情
  • 授かり婚や再婚など家庭的事情
  • もう若くないから
  • 結婚式に興味がない

皆さんはどのような理由でナシ婚を選ぼうとしているのでしょうか??

私も、人前が苦手など、当てはまる項目があります。

しかし、この中に当てはまる項目があるからといって、あなたがナシ婚を選んで後悔しない理由にはなりません。

詳しくはこの記事の最後で解説しますが、新郎新婦2人がお互い納得の上でナシ婚を選んだ場合は、「ナシ婚でよかった!」と後悔せずに済みますが、

やりたかった結婚式のスタイルをあきらめた結果、ほかの選択肢を取らざるを得なかった場合は、「結婚式をやればよかった」などと後悔する夫婦が多い傾向があります。

あきらめて後悔してしまう前に、本当に理想の結婚式を実現する方法はないのか、模索してみてください。

例えば、お金がないから結婚式ができないといった場合に、すぐ結婚式をあきらめるのではなく、格安で結婚式を挙げる方法も検討してみてください。

2人だけの結婚式をはじめ少人数婚を専門に取り扱う「小さな結婚式」では、非常に低価格で結婚式を実現することができます。

チャペルも全国にあり、最短で1週間後の挙式も可能なので、挙式の準備に時間をかけたくない授かり婚の方にもおすすめです。

>>二人だけで挙げられる結婚式をお探しなら【小さな結婚式】

自分が選んだ結婚式スタイルに後悔が生じないか確認する方法

「リゾート婚 後悔」「フォト ウエディングのみ 後悔」「ナシ婚 後悔」などで検索して、ご自身の選択に間違いがないか確認したくてこの記事にたどり着いた方もいらっしゃると思います。

そこで、自分たちがナシ婚を選んで後悔するかしないか見極める一つの方法をご紹介します。

まず一つ質問です。

わこぺ
わこぺ

あなたがその結婚式スタイルを選びたい理由は何ですか??

あなたはこの質問にどう答えるでしょう??

ネガティブな事情を選んだ理由にあげていませんか??

同じ経済的事情であっても、お金がないから結婚式をあきらめるという理由と、

結婚式は無駄だからお金は他のことに使いたいという理由では、気持ちが大きく違います。

前者はネガティブな理由、後者はポジティブな理由ですよね。

あなたは、〇〇だから結婚式出来ないよね…とあきらめてはいないでしょうか。

一般的な結婚式、リゾート婚、フォト婚、ナシ婚と、多様な選択肢を比較検討した結果、あなたの選んだ選択肢が一番のお気に入りなら後悔することはないでしょう。

しかし、結婚式は何らかの事情で不可能だからほかの選択肢にするという考え方だと後悔が生じます。

なぜなら、そういった方は、ほかのスタイルの結婚式をやりたい気持ちが深層心理にあるからです。

わこぺ
わこぺ

あきらめて我慢していませんか??

ここまで紹介してきたように、2人だけの結婚式は、リゾートウエディング、フォトウエディング、ナシ婚それぞれのデメリットを解消する側面があります。

ぜひ2人だけの結婚式を新しい選択肢として考えてみてください。

私たちが2人だけの結婚式を選んだ理由

今回は、私たちが2人だけの結婚式を選んだ理由をご紹介しました。

簡単にまとめると、ドレス着て写真だけは嫌、新婚旅行と一緒は嫌、挙式はしたいけど披露宴は嫌、だったからです。

結婚式において自分たちがやりたいことを追求した結果、一切後悔していません。

実際に2人だけの結婚式を挙げてみて感じたメリットデメリットについては、こちらの記事に書いていますので、ぜひご覧ください。

【経験談】二人だけで挙式して感じたメリット8選&デメリット4選

私が結婚式場の方に聞いた話では、結婚式に対して後悔があり、結婚式をやり直すために訪れた人もいたと聞きました。

一生に一度の結婚式で後悔の思い出は残したくないですよね。

2人だけの結婚式は、リゾート婚、フォト婚、ナシ婚のデメリットを解消できる結婚式のスタイルですので、ぜひ一度検討してみてください。

こちらのカテゴリーページでは、2人から挙式のみの結婚式が可能な結婚式場を各都道府県ごとにまとめています。

わこぺ
わこぺ

私が自ら検索してまとめたのですが、おすすめのチャペルがたくさんなので、一度でいいので見ていただけると嬉しいです!

二人挙式できるおすすめ結婚式場

このブログをきっかけに、2人だけの結婚式を楽しんでくれる方が少しでも増えてくれたら幸せです!

結婚式場探しをするなら

結婚式場探しをする際はキャンペーンを利用するとお得に結婚式をすることができますよ!

たくさんの結婚式場を比較したい方には、見学すればするほど特典金額が増えるゼクシィ

アドバイザーに相談したい方は、色々な手段で特典金額が増えるHanayume(ハナユメ)

本命の結婚式場がある方は成約での特典金額が大きいマイナビウエディング

結婚式プラン自体からの割引額が大きい結婚スタイルマガジンもおすすめです。

こちらの記事ではそれぞれのキャンペーン特典の比較もしているのでよかったら参考にしてください。

【口コミ】どっち?併用がお得!ゼクシィやハナユメキャンペーン特典の違い【比較】

※挙式のみなど内容によっては特典対象外のサイトあり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました